恍惚な隣人の動画を1話から最終回まで無料で視聴する方法

この記事を読めば、「恍惚な隣人」の日本語字幕版を無料で視聴する方法が30秒でわかります。加えて、キャストやOSTの情報も紹介しているので、本作品をより楽しみたい人は是非最後までチェックしてみてください。

恍惚な隣人

恍惚な隣人は、U-NEXT で配信されいて、初回無料お試しを利用すれば、1話から最終話まで無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /

「恍惚な隣人」を今すぐ無料で見る
2020/12/02現在の情報です。現在は配信していない可能性もあるため、最新情報は各VODの公式サイトでチェックしてください。

恍惚な隣人は全話無料で視聴可能か?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初めての利用であれば、無料お試しができます。

このお試し期間を上手に利用し、期限内に全話視聴すれば、実質無料で恍惚な隣人を視聴可能。

ただし、VODによって配信状況やトライアル期間が違うので、利用を始める前に調べてから契約しましょう!

\ いっきに読み飛ばし /

VODの配信状況と無料お試し情報

恍惚な隣人は日本語字幕・吹き替えで視聴可能?

字幕
吹替 ×
U-NEXTの配信状況

大半の韓流ドラマは、日本語字幕版のみ配信されていて、吹替版は少しか配信されていません。吹替版で見たい人は、DVD版に入っていないかチェックしてみてください。

恍惚な隣人のU-NEXT での字幕&吹き替え情報は上のようになっています。

恍惚な隣人をYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

恍惚な隣人だけでなく、いろんな韓流ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraに違法アップロードされている場合があります。

違法アップロードされた作品を視聴するのも犯罪で、ウィルスにかかる可能性もあるので絶対おすすめしません。

画質が悪いことも多く、各話をいちいち探さないといけなく面倒なため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどのVODでの視聴をおすすめしています。

  恍惚な隣人を配信しているVOD一覧

国内で有名なVODでの恍惚な隣人の配信状況がこちら。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD
Hulu ×
dTV

動画配信サービスによって、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、それぞれ詳しく紹介していいます。

U-NEXT

月額料金 2,189円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”5″]

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

31日間無料お試しを体験

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 [star rate=”4″]

配信作品を確認

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

2週間無料お試しを体験

Hulu

Huluバナー
月額料金 1,026円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”2″]


配信作品を確認
Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

2週間無料お試しを体験

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”3″]
dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

31日間無料お試しを体験

  恍惚な隣人のあらすじ

引用元はこちら

第1話:

働き者のコン・スレはミュージカル俳優を目指す夫・ボングク、娘・ユナ、姑・ヨンオク、実父・マジュンと暮らしていた。彼女は家計を支えるため、複数のアルバイトに精を出す日々を過ごしていた。

引用元はこちら

第2話:

代役が見つかり、オーディションが中止になったと聞きいたボングクは落ち込む。代役が断った場合には可能性があると言われるが、彼は納得しない。そんな中、スレはキャンペーンで最高級リゾートの旅行券を当てる。

引用元はこちら

第3話:

スレは宿泊先のホテルで歌手のコンサートが開かれると知り、ボングクの制止も聞かず、誰もいない会場の中へと入る。高校生の頃、講堂で歌うボングクを応援していた過去を思い出し、彼に1曲歌ってとリクエストする。

引用元はこちら

第4話:

スレたちは、ボングクの誕生日を祝おうと、帰りを待っていた。だが、目の前に現れたのは、行方知れずだったスレの母・ジョンブンと弟・スゴだった。スレは2人に今まで何をしていたのかと問い詰めようとするが…。

引用元はこちら

第5話:

朝早くから働き詰めのスレ。その一方、ジョンブンは居候の身であるにも関わらずヨンオクに食事の用意をせがむ。また彼女は、ユナが勉強に集中するために一人部屋を与えられたことにも不満を言い始める。

引用元はこちら

第6話:

ボングクとイギョンは車内で密会をする。我慢できなくなったボングクは、イギョンを引き寄せた。だがその時、1本の電話が鳴る。一方、スレは歌の練習に励む夫のために部屋を防音室にしようと張り切っていた。

引用元はこちら

第7話:

スレが作った弁当を食べている時、ハンドはあえてイギョンにボングクとスレの昔話を始めた。ボングクの制止も聞かずハンドは話し続け、何も知らないスレは楽しげだが、イギョンは席を立ってしまう。

引用元はこちら

第8話:

イギョンが交通事故で大けがを負ったという連絡を受けたジョンアたちは、病院へ急行した。彼女たちが手術が終わるのを待っていると、看護師に事故の時に同乗していた人物が退院を希望していることを伝えられる。

引用元はこちら

第9話:

交通事故で亡くなったセボムの葬儀が執り行われたが、チャヌは娘の死のショックから立ち直れずにいた。その頃、意識不明のイギョンを心配し病院を訪れたボングクは、看護師の計らいでこっそりと病室の中へ入った。

引用元はこちら

第10話:

ドライブレコーダーの映像により、イギョンの不倫が明確になった。ジョンアは、この事実を明かせばチャヌとインソプを破滅に追い込み、会社を手に入れるという夫の夢が叶えられるかもしれないと意気込むが…。

引用元はこちら

第11話:

ユナは、ボンヒに費用を出してもらい、スレに内緒のまま塾に通うことを決めた。彼女がボンヒの店でそのことについて話していると、置き忘れた携帯電話を取りに戻ってきたスレと鉢合わせしてしまう。

引用元はこちら

第12話:

意識が戻らないイギョンに、ボングクはイヤホンの歌を聞かせる。そこにチャヌが訪れるが、看護師が気を利かせ、事なきを得る。だが、その後イギョンの耳から外しそびれたイヤホンをジョンアが見つけてしまう。

引用元はこちら

第13話:

息を引き取る間際までセボムを呼んでいたと看護師から聞いたチャヌ。なぜすぐに連絡をくれなかったのか、怒りを抑え切れずデギョンの元へ向かい問い詰める。すると彼は恐ろしい事実を知ることになった。

引用元はこちら

第14話:

セボムの無念を晴らそうと復讐を誓ったチャヌは、同乗者であったボングクがオ室長と繋がりがあることを知る。一方、スレがチケットを買い占めたことを知らないオ室長とボングクは、マチネーのチケット完売を喜んだ。

引用元はこちら

第15話:

スゴはチケットが入った封筒をなくし、必死で探す。その後、ボングクに届けたバッグの中に間違えて入れてしまったことに気付く。そして、全てのことがボングクにばれてしまった。一方、チャヌはオ室長と会う。

引用元はこちら

第16話:

ジョンフンが男にけがを負わせたため、スレは急いで警察署へ向かう。示談金を支払うことで解決したものの、全く反省していない母の態度にスレはあきれ果てる。そんな中、向かいの部屋にある人物が引っ越してきた。

引用元はこちら

第17話:

チャヌの部屋の壁紙を張り替えることになったスレは早速作業に取りかかる。すると、彼女は新しい壁紙の話をしているうちに、踏み台の上でバランスを崩してしまう。チャヌは咄嗟にスレを支えるが…。

引用元はこちら

第18話:

チャヌはイギョンの不倫が発覚して以降、初めてチェ家を訪れた。そこでインソプにお義父さんと言いかけたが口をつぐむ。気まずい雰囲気の中、インソプは身を滅ぼすことになる復讐は考えないようチャヌを諭した。

引用元はこちら

第19話:

スレはウンシルの働く店で偶然チャヌに会った。彼が深く考えずに家電製品を購入しようとするのを見かねると、手助けをすることにした。また、彼女はチャヌに夫のデビューにまつわる話をするのだが…。

引用元はこちら

第20話:

壊れた弁当箱を見て涙を流すスレは、気にしなくていいとチャヌに言い残し立ち去った。その後彼女は、店長から弁当箱を手渡される。開けてみると、そこには弁当箱を壊したことを詫びるチャヌからの手紙が入っていた。

引用元はこちら

第21話:

チャヌに頼まれ一緒に寝具を買いに行っていたスレが帰宅すると、マジュンとヨンオクを相手にジョンブンが大声を上げていた。スレは彼女を落ち着かせようとするが、ジョンブンはますます大騒ぎし始める。

引用元はこちら

第22話:

ボンヒとジョンアは、公演会場で偶然出くわした。話をするうちにジョンアは、ボングクがボンヒの実の弟だと知り、動揺を隠せない。そこへデギョンが、イギョンが目を覚ましたと知らせにやって来る。

引用元はこちら

第23話:

イギョンが目覚めたと聞き、急いで病院へ向かうボングク。だが、イギョンの記憶の中かが消えたことを知り、ショックを受ける。ある日、塾の宿題をしていたユナは、質問があると言い、チャヌの元を訪ねた。

引用元はこちら

第24話:

イギョンはチャヌが面会にも来ず、連絡もしてこないため、不安を募らせる。このままでは自殺でもしかねないと心配したインソプは、しばらくの間だけでも娘と一緒に暮らしてくれないか、とチャヌに頼み込む。

引用元はこちら

第25話:

ボングクは、スレへの思いは愛ではなく執着だと責め立てる。さらにたちの間に男女の感情があふれ出ることはないかの心まで要求するなと言い放つ。スレはボングクの無情な言葉に深く傷つき…。

引用元はこちら

第26話:

イギョンは睡眠薬の過剰摂取により、ベッドの上で意識を失ってしまう。すると、付添人のミジャを疎ましく思っているジョンアは、これ幸いとばかりにインソプに対し、専門の看護人の必要性を訴える。

引用元はこちら

第27話:

チャヌがいないことで精神的に不安定になっているイギョン。その様子を見かねたボングクは、チャヌに電話をかけて助けを求める。ところが、そんな彼に対しチャヌは2人で罰を受けろと冷たく突き放した。

引用元はこちら

第28話:

これまで散々苦労してきたスレに対して、思いやりのかけらも見せないボングク。そんな態度に腹を立てたウンシルは、ボングクを責め立てる。すると、激怒したボングクは、スレに離婚を切り出してしまう。

引用元はこちら

第29話:

チャヌはスレと共にセボムが眠る納骨堂を訪れた帰りの車中で、交通事故によって娘が亡くなったことを話すにスレとチャヌが車から降りる姿を偶然目撃したマジュンは思わず身を隠すのだが…。

引用元はこちら

第30話:

イギョンがチャヌに抱きつく様子を見せつけられたボングクは、大きなショックを受ける。妻・スレよりも、本当に愛しているイギョンを奪う方がボングクを苦しめられると考えたチャヌは、チェ家に戻ることを決めた。

引用元はこちら

第31話:

ボングクから自由にさせてくれ、と慰謝料まで渡されたスレ。傷心し、重い足取りで家路をたどると、家の前で偶然チャヌに会う。2人が言葉を交わすことなくすれ違った時、スレが意識を失い倒れてしまう。

引用元はこちら

第32話:

イギョンの記憶を取り戻したいボングクは、突然イギョンを抱き寄せる。だがその時、彼女は事故の瞬間がフラッシュバックし、落ち着きを失う。ある日、スレはチャヌの家からの水漏れで困っている隣人に遭遇する。

引用元はこちら

第33話:

病院に行くついでに、一緒に昼食を取ろうというイギョンに対し、チャヌは先約を理由に冷たく突き放す。この態度にイギョンは戸惑いを隠せない。一方、スレとボングクの離婚を阻止したいボンヒは…。

引用元はこちら

第34話:

ジョンブンとボングクがチキン店に行ったとことを知ったスレ。彼の魂胆を見抜いた彼女は、急いで駆け付ける。だが、ユナが入院したとの連絡を受け、その場を立ち去った。ジョンブンたちは勝手に店の契約を進める。

引用元はこちら

第35話:

イギョンは、ブロードウェーに出るという夢を叶えてくれたチャヌに感謝する。また、帰国する頃にはチャヌに似た子供を産むと幸せそうに話す。チャヌはそんなことを口にする姿を見て、必死に怒りを抑えた。

引用元はこちら

第36話:

からぬまま冷たく突き放される状況に我慢ができなくなったイギョンはが何を思い出すべきなのかを直接チャヌに尋ねる。すると、チャヌかを裏切りボングクと浮気をしていたと言われてしまう。

引用元はこちら

第37話:

慰謝料は要らないと伝えようと、ボングクの元を訪れたスレ。だがに未練があって来たのだと勘違いした彼は、スレを一方的に責め立てる。その仕打ちに、スレの人生をむなしく感じ、涙を流す。

引用元はこちら

第38話:

チャヌの家でスレの携帯電話を見つけたイギョンは、彼を問い詰める。だが、その態度に我慢できないチャヌは、彼女が知らない事実を語り始めた。一方、スレはボンヒの店に呼ばれ、ポーチを製作するように言われる。

引用元はこちら

第39話:

ヨンオクは、試験勉強を見てもらっていただけだと説明するスレとチャヌに対し、ひたすら怒りをぶつけ、今後2人が言葉を交わすことすら許さないと言い出す。一方、イギョンはボングクに、あることを持ち掛けた。

引用元はこちら

第40話:

ヨンオクは常時スレの行動に注視し、浮気の疑いは一向に晴れずにいた。そんな中、スレはチャヌに呼び出され、図書館へ向かう。そこである会社のデザイナーのインターン募集に応募してみてはどうか、と勧められる。

引用元はこちら

第41話:

スレの人形・はしご姫を見たチャヌの顔色が変わっていった。スレは無言で駐車場まで連れていかれ、1体の人形を見せられる。一方、イギョンはチャヌから無理やり家の暗証番号を聞き出して中に入ってみると…。

引用元はこちら

第42話:

イギョンが家にいたため、スレの来訪を断ったチャヌは心ここにあらずという状態となる。一方、インソプとデギョンは、チャヌに対するイギョンの執着心をそらそうとして、ボングクを呼び出し…。

引用元はこちら

第43話:

家族の会話を偶然耳にしてしまったユナは、本当の母親が、伯母・ボンヒだという事実を突き付けられ、ショックのあまり家を飛び出してしまう。スレは急いで後を追ったが、ユナの姿はどこにも見当たらなかった。

引用元はこちら

第44話:

ボングクは、離婚書類に判を押せとスレに迫る。だが、スレは裁判所に2人で出向かなければ離婚が成立しないことをチャヌから聞き強気になる。一方、インソプは娘を助けるのはチャヌか、ボングクか、見極めていた。

引用元はこちら

第45話:

イギョンは一緒に帰宅するチャヌとスレの姿をたまたま目撃してしまう。チャヌの知らない女と楽しそうに笑い合っている光景に動揺してしまい、すぐさま彼に電話をかけるが、冷たくあしらわれる。

引用元はこちら

第46話:

イギョンに気付かず、スレと車で走り去ったチャヌに憤慨する。すぐに彼の自宅に押し掛け、スレとの関係について怒りをぶつける。一方、スレはヨンオクに外出したらチャヌも呼んで懲らしめると言われた。

引用元はこちら

第47話:

ボングクはスレがイギョンに会ったと知ると、2人で何を話したのかと追及する。イギョンのことで頭が一杯なボングクに憤りを感じるスレだったが、気にすることなくボングクはしつこく問いただそうとした。

引用元はこちら

第48話:

スレはチャヌから妻は死んだとうそをついた理由を聞き、胸を痛める。一方、イギョンは仕掛けていた隠しカメラでチャヌとスレが抱き合っているのを確認し、チャヌの家に駆け付けると、そこでボングクに会う。

引用元はこちら

第49話:

スレは「チャヌの妻」という人物からメールでお茶に誘われた。彼女が恐る恐る向かいの家を訪ねると中から出てきたのは夫の不倫相手・イギョンだった。彼女がチャヌの妻であることを知ったスレはショックを受ける。

引用元はこちら

第50話:

ボングクはイギョンのためにスレをチャヌから引き離そうとして家へ戻る。一方、スレはチャヌの復讐に全面的に協力しようとして、彼の恋人としてふさわしい容姿へと変貌を遂げた。その姿にチャヌは、驚きを隠せない。

引用元はこちら

第51話:

互いに引かれ合いながらも、真に愛してはいけないという気持ちとの間で揺れるスレとチャヌ。2人は恋人同士の芝居をする上で「お互い絶対に本心を見抜かれないこと」という難しいルールを設ける。

引用元はこちら

第52話:

スレはデザイン公募展の本審査会場でイギョンに遭遇。またスレは、そこでチャヌの姿を見て公募展の主催が彼のいる会社であったことを知る。本審査で次々とプレゼンテーションが終わる中、パソコンが苦手なスレは…。

引用元はこちら

第53話:

一夜を共にしたイギョンが翌朝まるで別人のように冷たくなり、その態度に腹を立てるボングク。さらにイギョンは、誰でも良かったのだと平然と言い放つ。一方、スレは念願の初出勤を迎え、心を躍らせていた。

引用元はこちら

第54話:

ヨンオクの怒りを買ったため、家族の荷物もろとも家を追い出されたスレ。そこへ帰ってきたコン一家は、彼女にチャヌとのことを問いただす。チャヌは家の外で座り込むスレの姿を見て、慰めようとする。

引用元はこちら

第55話:

自分のためにチャヌが犠牲を払い、家に戻ることを知ったスレは、インターンの職を諦めることにした。それを知ったチャヌは、ユナの監護権を得るためには、職の有無が重要になるのだと彼女を諭す。

引用元はこちら

第56話:

渡米する日の朝、目を覚ましたチャヌは隣で眠っているイギョンの姿に驚く。一方、ボングクはイギョンの元を訪れ、アメリカに行くなと訴えかける。ところが、彼はあっさりとあしらわれてしまう。

引用元はこちら

第57話:

互いの身を案じ、病院に駆け付けたチャヌとスレは、結果として相手のことを思の気持ちを認識することになった。一方、フラッシュバックで倒れたイギョンを病院に運んだボングクは、そこで彼女の妊娠を知る。

引用元はこちら

第58話:

仕事中のスレの元にヘッドホンを万引きしようとして、捕まったユナから連絡が入る。店では代金以上の金を払えばこの件をもみ消せると考えるヨンオクの態度に腹を立てた店員が、ユナを警察に通報しようとする。

引用元はこちら

第59話:

ジョンアはイギョンとボングク、チャヌとスレのダブル不倫をネタにミジャからゆすられる。これが表沙汰になれば会社のイメージの低下にも繋がるが、証拠の写真があまりにも高額でジョンアはどうすることもできない。

引用元はこちら

第60話:

チョン秘書は倉庫に閉じ込められたチャヌからのSOSを受けて現場に駆け付けた。すると、彼がスレと一緒にいるのを見て顔を曇らせる。その後も仲が良さそうにする2人の様子が気に入らず、いら立ちを隠せない。

引用元はこちら

第61話:

スレはユナと一緒にアメリカへ留学しては、というインソプからの提案を断る。だが、彼女はチャヌには提案を受け入れたかのように装い、もう会わない代わりに、手掛けた服を一着でも売り場に出してほしいと懇願する。

引用元はこちら

第62話:

ユナと渡米し、帰国後の就職先を用意してもらえるのならチャヌとは別れるという取り引きが、スレとインソプの間で成立したと、イギョンは説明する。だが、チャヌはその事実を受け入れようとはしなかった。

引用元はこちら

第63話:

ボングクは、イギョンのお腹の子のことを問いただそうと、チャヌに連絡する。するとイギョンは慌ててこれを制止。お腹の子を隠そうとする彼女の態度に、ボングクが父親では、と一層疑いを強める。

引用元はこちら

第64話:

チャヌはイギョンと離婚し、スレと再出発したいと語る。スレは、ユナのためにも会長の提案を受け入れて渡米すると彼に告げる。強く握られたチャヌの手をほどき、スレを奮い立たせ、その場を後にした。

引用元はこちら

第65話:

イギョンの妊娠を知り、チャヌは動揺を隠せないが親であるはずがないと確信する彼は、本当の子なのかとイギョンに問う。すると彼女が死ねば信じるのかと激昂し、ワイングラスを割って…。

引用元はこちら

第66話:

イギョンが無事に出産するまではそばにいると決めたチャヌは、胸が張り裂ける思いでスレに別れを告げた。すると、軽口を叩きながら笑ってみせるスレだったが、あふれ出る涙を止めることはできなかった。

引用元はこちら

第67話:

マジュンの誕生日、スレたち家族は食卓を囲むことになった。するとその時、スゴが部屋の中に設置されていた監視カメラの存在に気付く。一方、イギョンはボングクの元を訪れ暴言をはき、言い争ってしまう。

引用元はこちら

第68話:

記憶を取り戻していたにもかかわらず、記憶喪失のふりをし続け、厚かましくも許しを請おうとするイギョンに、チャヌの我慢は限界を迎えた。激怒したチャヌは、涙を流すイギョンに辛辣な言葉を投げつける。

引用元はこちら

第69話:

デギョンの妨害に遭いつつも、品評会を終えることができたスレ。インソプとの約束通り、会社を辞めて渡米する旨をチャヌに告げる。一方、イギョンはスレとチャヌが一晩中一緒に過ごしたことに怒りを募らせた。

引用元はこちら

第70話:

春川に向かうチャヌとスレは、仲睦まじく過ごす。そんな2人の様子を隠し撮りした写真を見たイギョンは、チャヌ以外の女性に心を寄せたことに立腹し、これまで以上に彼への執着を見せる。

引用元はこちら

第71話:

階段から転落したイギョンは、スレによって病院へと運ばれる。スレは、流産の危険があるので安静にしなければならないと意識を取り戻したイギョンに説明。そこへ、事故のことを聞いたチャヌが現れる。

引用元はこちら

第72話:

スレを陥れるためイギョンがうそをつき、スレは傷害の容疑で警察に連行されてしまう。だが、イギョン自身もうそをついたことで罪に問われるのを恐れ、デギョンに電話し、目撃者のでっち上げを頼み込む。

引用元はこちら

第73話:

イギョンは何をしていても、スレとチャヌのことが脳裏から離れなかった。そんな状態に耐えられなくなり、あの時セボムと一緒に死んでいれば、生涯チャヌの心の記憶が刻まれたはずだと嘆く。

引用元はこちら

第74話:

ヨンオクに渡された養子縁組の無効確認の書類を見て驚きを隠せないスレ。もしかしたら本当にユナを奪われてしまうかもしれないと不安に苛まれ、さらに今にはユナを守る手立てがないと悔しがる。

引用元はこちら

第75話:

チーム長の小細工により、スレの服は売り場の片隅に追いやられた。チャヌは納得できないが、スレの服が売り場に飾られたと喜ぶ。一方、すぐにでもスレをチャヌから引き離したいイギョンは…。

引用元はこちら

第76話:

イギョンと義姉との通話によってセボムの死を知ったチャヌの母が、危篤状態に陥ったと知らされた。このことがチャヌの耳にも入ったと知ると彼女はを許せない彼はスレの元に行くのでは、と焦る。

引用元はこちら

第77話:

留学を楽しみにしているユナのために、スレは退職することを決めた。ところが、この話を追い出そうとたくらんでいるイギョンが関係していたと知った彼女は退職届を破り、会社にとどまると宣言する。

引用元はこちら

第78話:

取材の間だけでも、仲の良さを装ってほしいというボングク。だが、スレはインタビュー取材の途中で帰ってしまう。一方、イギョンのせいで大事な人を失っていったチャヌは、帰国直後に彼女に離婚書類を突き付ける。

引用元はこちら

第79話:

スレに刃向かわれたイギョンは、父親に訴えようと会長室を訪れる。だが、インソプは会社に来るなと逆に叱りつけ、机に数枚の写真を叩きつけた。イギョンはその写真を見て驚き、舞台に専念すると言うのだが…。

引用元はこちら

第80話:

ダブル不倫の真相を世間に公表したチャヌは姿をくらました。窮地に陥ったボングクとイギョンは、スレならばチャヌの居場所を知っているはずだと考え、それぞれ彼女を探しに会社に乗り込んでいく。

引用元はこちら

第81話:

ヨンオクはチャヌに、ボングクがセクハラの容疑を掛けられたことが原因でユナがつらい目に遭っていることを伝える。また、すぐにでもブラックボックスの情報を渡すように要求するが、チャヌは黙っていた。

引用元はこちら

第82話:

ユナとヨンオクが食事をしていると、見知らぬ黒服の男たちが上がり込んできた。家の中で何かを探す男たちは、ヨンオクの部屋にあったUSBがチャヌの家にあったものだと知り、それを持ち去っていく。

引用元はこちら

第83話:

ボンヒは、ジョンヒが映像データが入ったUSBを持っていると告げ、もとユナの関係をばらしたらイギョンのうそを暴露すると逆に脅す。だが、実際にデータを持っていないボンヒは、スレの元を訪ねた。

引用元はこちら

第84話:

ウンスは記者たちを前にしてもイギョンからセクハラの濡れ衣を着せられて引退に追い込まれたと暴露。その場で必死に否定したイギョンは焦り、インソプに連絡し、記事の差し止めを依頼した。

引用元はこちら

第85話:

イギョンは行方をくらましていたが、チャヌに付き添われて帰ってきた。ウンスの暴露した話が世間に広まり、騒ぎになっていると思い込んでいたイギョンは、記事が差し止められたことを知り涙を流す。

引用元はこちら

第86話:

デギョンはデザインのすり替えに失敗した。すると彼は、一企業のオーナーが詐欺師にだまされて裏金まで作ったというスキャンダルでインソプを追い詰めようと画策。会議の場にはミジャを証人として呼び付けるが…。

引用元はこちら

第87話:

ボングクはイギョンだけに汚名は着せられないと思い、記者の前でセクハラを認める発言をする。だが、オ室長からこのことを聞いたイギョンはすぐさま駆け付けて非難しを助けたいなら消えることだと言い放つ。

引用元はこちら

第88話:

肝臓がんに侵されていることを知ったスレは、医師から余命は6カ月から1年と告げられる。大きなショックを受けた彼女は一人静かに涙を流す。その後、部屋に戻ってエコー写真を眺めていると…。

引用元はこちら

第89話:

脳梗塞を発症したインソプは意識は取り戻したものの、後遺症で左の手足にまひが残ってしまう。また、イギョンから連絡をもらったミジャはの罪を見逃してくれた恩返しをしようと、インソプの付添人となる。

引用元はこちら

第90話:

スレの職場に押し掛けてきたボングクは、何も言わずに彼女を外に連れ出す。スレは、ボングクからがんなのかと問われるが、何とかごまかし、その場をやり過ごす。一方、イギョンはアルコールに頼る日々が続いていた。

引用元はこちら

第91話:

デギョンは、チャヌ潰しにスレの病気を利用しようと企てる。そんな中、インソプはチャヌが立ち上がれば勝算があると報告され、社内の評判も理事たちの反応も良い彼を後押しするようにパク常務に指示を下す。

引用元はこちら

第92話:

ボングクはスレ本人から、がんを患い余命宣告を受けていることを告白された。医師からも非常に厳しい状態であることを伝えられるとボングクは、彼女に対してひどい扱いをしてきた過去を悔い、涙を流す。

引用元はこちら

第93話:

チャヌから差し出された指輪を受け取らないスレ。ボングクへの思いが立ち切れず、チャヌを受け入れられないと告げる。これに納得がいかないチャヌは、うそをつかずに本当のことを話してほしいと訴えるが…。

引用元はこちら

第94話:

ボングクは、スレのためにドナーを探し始める。まずは直系の家族であるスゴに、健康診断と称してドナー適合検査を受けさせた。また、急に体調を気遣う素振りを見せるボングクをスゴはいぶかしがる。

引用元はこちら

第95話:

スレが倒れ、その場に偶然居合わせたイギョンが駆け寄っていく。病院へと向かう車中で目を覚ましたスレが、家に帰ると言い出したため、イギョンは送り届ける。すると、事前に連絡をもらっていたボングクが出迎えた。

引用元はこちら

第96話:

スレとボングクの突然の復縁宣言が信じられないチャヌ。スレの行く手を阻もうとするが、干渉しないでと冷たく言い放たれる。納得がいかないチャヌは、ウンシルからあれこれ聞き出そうとするが…。

引用元はこちら

第97話:

ボングクはドナーとして不適合との判定を受けた。スゴが受けていたのが健康診断ではなく肝移植の検査だと知り、お金のための臓器を売ろうとしていたと誤解してボングクを責め立てる。

引用元はこちら

第98話:

自分と離れることを願っているのかとチャヌに問われ、スレは涙を流しながら黙ってうなずく。事実を何も知らないチャヌは、本心ではないスレの返答を受け入れると、諦めたような表情で背を向けた。

引用元はこちら

第99話:

ボングクはスレの病状について話そうと家族を集めた。しかしの口から各人に話すというスレの訴えを仕方なく受け入れ、事からない家族はただ戸惑う。そんな中、ボングクの元にデギョンから連絡が入る。

引用元はこちら

第100話:

上海へ行く日、チャヌは玄関先で出くわしたボンヒに呼び止められ、詳からなくともスレがお金が必要な状況だと知る。一方、ドナー探しに必死のボングクとスゴは、マジュンにも検査を受けさせようとするが…。

引用元はこちら

第101話:

中国市場を狙い、秋冬商品の発売を早めると言うデギョン。スレのデザインを誰かに渡していないかボングクに問うがはぐらかされる。一方、スレの言葉を聞いて不安になったボングクは、デギョンを訪ねる。

引用元はこちら

第102話:

肝臓がんを患うスレの命を救おうと必死のボングクは、出社し続けようとするスレを無理やり家に連れ戻す。その時、偶然に玄関から出てきたジョンブンが「引っ越す」と言って荷物を手に隣家に入ろうとする。

引用元はこちら

第103話:

秋冬の主力商品のデザインを中国に流出させ、会社に打撃を与えようと目論むデギョン。しかし、これを知ったコ・チーム長は、インソプに全てを報告する。一方、スレの病気のことを聞いたチャヌはただちに帰国する。

引用元はこちら

第104話:

公園のベンチで物思いにふけりながら、かつてチャヌから言われた言葉を思い出していたスレ。そこへチャヌが現れ、スレは幻覚でも見ているのかとあぜんとするが、互いに秘密を抱える2人は短いひと時を楽しんだ。

引用元はこちら

第105話:

ボンヒはデザイン漏えいの件でデギョンを脅し、ユナの留学費用をせしめるつもりだったが、義父の脱税の罪をなすり付けられ拘束されるという返り討ちに遭う。このため、スレの心中を察したチャヌが行動に出る。

引用元はこちら

第106話:

スレが悪い病気に侵されていると知ったユナ。スレは、がんであることは伏せたまま肝臓の移植手術を受けるとユナに話す。母のそばにいると必死で訴えるユナの姿を見たスレは、助けてほしいとボングクに懇願する。

引用元はこちら

第107話:

ドナーになるための2次検査で陽性反応が出たチャヌ。その後の医師との面談で肝臓移植に問題はないと言われの命の危険も覚悟の上で、できるだけ早く手術できるようにしてほしいと告げた。

引用元はこちら

第108話:

ボンヒの陳述により策略がばれてしまったデギョンは、ヤケになってインソプにも反抗的な態度を取る。やがて会長の座を得られる立場であるにもかかわらず、辞表を出してチャンスを捨てた夫にジョンアは我慢ならない。

引用元はこちら

第109話:

炎症の数値の高さを理由に手術の延期を伝えられたチャヌだが、早くスレを救いたいとの一心で移植手術の準備を進めてくれと医師に告げる。スレは、移植手術をすればドナーに危険が伴うと医師から聞かされるが…。

引用元はこちら

第110話:

チャヌは突然姿を消したスレを無事に見つけ出すが、すぐには病院に戻らず、2人は寄り添いながら静かな時間を過ごす。その頃、ボングクはイギョンを訪ね、これ以上スレたちの邪魔をするなと忠告する。

引用元はこちら

第111話:

デギョンはデザインの漏えい事件の罪をスレにも被せようとする。ボングクはの過ちにスレが責任を感じていること、そんなスレの気持ちを知ったチャヌを助けようとしていることを知るが…。

引用元はこちら

第112話:

末期がんを宣告されながらも、ある注射で完治した例を聞いたマジュンは、スレにもその注射をと考える。高額なので手術を受ける方がいいと素っ気なく断られるが、娘を救いたい一心のマジュンは必死に頼み込む。

引用元はこちら

第113話:

スレの手術費を全額だまし取られたマジュン。一方、ボングクは手術費を確保しようとボンヒに協力を頼むが叶わず、仕方なくチャヌを頼ろうと考えるが、ボンヒがすでに資金の提供を受けていたことを知る。

引用元はこちら

第114話:

危険を承知で移植手術を引き受けようとするチャヌが心配なイギョンはがドナーになると言い張る。チャヌに関わるなと忠告されても引く気がないイギョンは、適合検査の結果が出てから話をしようと言い放つ。

引用元はこちら

第115話:

ボングクとデギョンへの事情聴取が始まる。デギョンにそそのかされてデザインを盗んだだけで、スレは関係ないと証言するボングクに対し、デギョンはがデザインの流出を未然に防いだのだとうそをつき通すが…。

引用元はこちら

第116話:

病院からの連絡でイギョンがドナーになると知り、チェ家を訪ねたスレ。チャヌを危険な目に遭わせたくないからドナーを引き受けたと言うイギョンに対し、チャヌからもイギョンからも肝臓の提供を断ると宣言する。

引用元はこちら

第117話:

病室でイギョンと話していたスレの様子が急変。幻聴が聞こえ、咳き込んで吐血した。イギョンがナースコールを押すより早くチャヌと医師たちが病室に駆け付け、医師は心の準備をするようにとチャヌに伝える。

引用元はこちら

第118話:

手術を終えて病室に戻されたイギョン。人の気配を感じると、そこには会いたいと願い続けていた娘のセボムがいた。イギョンはセボムを抱きしめて涙を流す。一方、チャヌは集中治療室で眠り続けるスレを見守るが…。

引用元はこちら

  恍惚な隣人のキャスト

役名 俳優名
コン・スレ ユン・ソナ
パク・チャヌ ソ・ドヨン
ソ・ポングク ユン・ヒソク
チェ・イギョン パク・タミ

  恍惚な隣人の主題歌・OST

Disc1
01. 心臓の音
02. 悲しき願い
03. 花
04. あなたかしら
05. 涙腺
06  恍惚な隣人
07  恍惚な隣人(Main Theme)
08. 朝の陽射し
09  複数
10. スレの涙
11. 交錯の始まり
12. 運命
13. あなたの影
14. ときめき
15. 頑張って!今日も
16. 暗闘
error: コンテンツを保護しています。