記憶の動画を1話から最終回まで無料で視聴する方法

この記事を読めば、「記憶」の日本語字幕版を無料で視聴する方法が30秒でわかります。加えて、キャストやOSTの情報も紹介しているので、本作品をより楽しみたい人は是非最後までチェックしてみてください。

記憶

記憶は、U-NEXT で配信されいて、初回無料お試しを利用すれば、1話から最終話まで無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /

「記憶」を今すぐ無料で見る
2020/10/18現在の情報です。現在は配信していない可能性もあるため、最新情報は各VODの公式サイトでチェックしてください。

記憶は全話無料で視聴可能か?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初めての利用であれば、無料お試しができます。

このお試し期間を上手に利用し、期限内に全話視聴すれば、実質無料で記憶を視聴可能。

ただし、VODによって配信状況やトライアル期間が違うので、利用を始める前に調べてから契約しましょう!

\ いっきに読み飛ばし /

VODの配信状況と無料お試し情報

記憶は日本語字幕・吹き替えで視聴可能?

字幕
吹替 ×
U-NEXTの配信状況

大半の韓流ドラマは、日本語字幕版のみ配信されていて、吹替版は少しか配信されていません。吹替版で見たい人は、DVD版に入っていないかチェックしてみてください。

記憶のU-NEXT での字幕&吹き替え情報は上のようになっています。

記憶をYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

記憶だけでなく、いろんな韓流ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraに違法アップロードされている場合があります。

違法アップロードされた作品を視聴するのも犯罪で、ウィルスにかかる可能性もあるので絶対おすすめしません。

画質が悪いことも多く、各話をいちいち探さないといけなく面倒なため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどのVODでの視聴をおすすめしています。

  記憶を配信しているVOD一覧

国内で有名なVODでの記憶の配信状況がこちら。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD
Hulu ×
dTV

動画配信サービスによって、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、それぞれ詳しく紹介していいます。

U-NEXT

月額料金 2,189円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”5″]

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

31日間無料お試しを体験

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 [star rate=”4″]

配信作品を確認

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

2週間無料お試しを体験

Hulu

Huluバナー
月額料金 1,026円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”2″]


配信作品を確認
Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

2週間無料お試しを体験

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”3″]
dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

31日間無料お試しを体験

  記憶のあらすじ

パク・テソク(イ・ソンミン)は政財界の大物たちに関わる数々の訴訟を勝利に導いてきた凄腕弁護士。華々しく活躍するテソクだったが、妻ヨンジュ(キム・ジス)は家庭を顧みない夫の態度に寂しさを感じていた。テソクと共に働くこととなった若手弁護士チョン・ジン(ジュノ)は、勝訴のためには脅迫まがいの手段も厭わないテソクのやり口に幻滅していた。しかし、そんなテソクにも辛い過去があった。15年前、元妻ナ・ウンソン(パク・ジニ)との間に生まれた息子ドンウをひき逃げ事件で亡くしていたのだ。犯人は見つからず、二人は離婚、事件はもうすぐ時効を迎えようとしていた。
そんなある日、テソクのもとに友人である医師から電話がかかってくる。それは、テソクがアルツハイマー病であるという衝撃的な診断結果だった。一人悩み、葛藤するテソクだったが、病は着実にテソクの記憶を蝕み、日常生活に支障をきたし始める。そうした折、ドンウのひき逃げ事件にテソクの事務所の代表イ・チャンムの息子スンホが絡んでいることが判明し…。

引用元はこちら

第1話:内部告発内部告発

太善ローファームのパク・テソクは政財界の大物の弁護を手掛けるやり手弁護士。ある日、彼に韓国グループから依頼が入る。グループの末娘の婚約者で韓国大学病院のチャ教授が、処方ミスで患者を死亡させたという。

引用元はこちら

第2話:遺書の謎遺書の謎

テソクは友人の医師・ジェミンにアルツハイマーだと診断され治療を勧められるが、彼はまだ受け入れられない。キム教授自殺のニュースに太善は大騒ぎとなり、同僚のハン弁護士はテソクのやり方を痛烈に批判した。

引用元はこちら

第3話:事故現場の花束事故現場の花束

息子の様子の異変を妻・ヨンジュから相談されたテソクだが、途中で電話を受けたせいで相談されていたこと自体を忘れてしまいヨンジュの怒りを買う。翌日、太善に看護師のユンが現れ、ある脅迫まがいの依頼をする。

引用元はこちら

第4話:忍び寄る変化忍び寄る変化

テソクは本格的に病気と向き合う覚悟を決め、ジェミンにもらったパッチで治療を始める。一方、事故現場に花束を置いていく人物を追うウンソンは、花束の指紋鑑定を友人の検事、カン・ユビンに依頼した。

引用元はこちら

第5話:ネット記事の波紋ネット記事の波紋

ヨンジュに起こされて前妻の家を出たテソクは、酒のせいだと話すが、理解してくれない妻に暴言を浴びせてしまう。翌朝、チャ教授のひき逃げ事件の記事がインターネットに上がり、韓国グループにも非難が集中する。

引用元はこちら

第6話:よみがえる過去よみがえる過去

テソクの服からパッチを見つけたヨンジュはジェミンを訪ね、テソクの病について問い詰める。花束の記事を読んで危機感を覚えたイ代表は息子・スンホを叱り、罪の重さに耐えられないスンホは自白しようと決意する。

引用元はこちら

第7話:息子のための口頭弁論息子のための口頭弁論

保護者会が始まり、学校の理事長でもあるドンギュの父親はジョンウを厳しく非難。テソクはドンギュや担任教師を名指しして反論する。その頃、チョン・ジンは女子高生のスジから真実を聞き出そうと苦戦していた。

引用元はこちら

第8話:父の弁護人父の弁護人

父が人を殺したとの電話を受けたテソクが警察に行くと、そこには息子・ドンウの事件を担当したチェ刑事がいた。チェはテソクの父親の過失致死だと断定するが、納得できないテソクは被害者の妻に話を聞くことにする。

引用元はこちら

第9話:ハンカチを持った男ハンカチを持った男

ドンウが好きだったエビの寿司を手に突然家を訪ねてきたテソクと、それに戸惑い激怒する前妻のウンソン。我に返ったテソクの行動に絶望し、妻のヨンジュは苦しむテソクの姿を見て胸を痛めた。

引用元はこちら

第10話:壊れた腕時計壊れた腕時計

目撃者が事務所に来ていたことに気付いたテソクは監視カメラと来客リストを調べ、ハンカチは指紋のためではなく潔癖症のためだと推測。監視カメラの写真を持って聞き込みを始めたウンソンは、ある男に目を付ける。

引用元はこちら

第11話:つながる2つの事件つながる2つの事件

目撃者らしき人物がイ代表を訪ねたと知ったテソクは代表を問い詰め、カン・ヒョヌクという名前を聞き出す。一方、失踪したチョン・ミンギュの件でテソクから連絡を受けたキム刑事は、新たな情報を伝える。

引用元はこちら

第12話:原点に立ち返って原点に立ち返って

テソクは、スンホとカンが同じ学校出身である事実を突きつけ、真実を話すようスンホに迫る。一方、会議から戻ったイ代表は、ゴミを漁った理由をチョン・ジンに問い詰め、テソクのたくらみに気付く。

引用元はこちら

第13話:親としての意地親としての意地

ドンウを殺した犯人の近くにいて、その親の元で働いてきたことを知ったテソクは自己嫌悪に苦しむ。また、犯人を突き止めた事実をウンソンに知らせ、何としても証拠を見つけ出すと約束した。

引用元はこちら

第14話:女優の証言女優の証言

道に倒れていたテソクはチョン・ジンに助けられ、イ代表の手下に襲われたと思い込み怒りにまかせて車を走らせる。USBを手に入れたシンはその中の声の主がイ・チャンムであると気付き、不気味な高笑いを上げる。

引用元はこちら

第15話:駆け抜ける噂駆け抜ける噂

当て逃げ犯の自首で振り出しに戻ったテソクは、カンの15年前の診療記録探しをチョン・ジンに指示し、一方で希望スーパー殺人事件の再審を請求する。良心の呵責に耐えられなくなったスンホはナ判事を呼び出すが…。

引用元はこちら

第16話:<最終話>法廷にかける希望<最終話>法廷にかける希望

スンホは警察で、ひき逃げ事件ばかりかカン殺害の犯行だと主張し、テソクを呼ぶよう求めた。新たに法律事務所を構えたテソクは、チョン・ジンとボン秘書と共にクォン・ミョンスの再審裁判の準備に奔走する。

引用元はこちら

  記憶のキャスト

役名 俳優名
パク・テソク イ・ソンミン
チョン・ジン ジュノ(2PM)
ボン・ソナ ユン・ソヒ
ソ・ヨンジュ キム・ジス
ナ・ウンソン パク・ジニ

  記憶の主題歌・OST

調査中

error: コンテンツを保護しています。