白夜姫の動画を1話から最終回まで無料で視聴する方法

この記事を読めば、「白夜姫」の日本語字幕版を無料で視聴する方法が30秒でわかります。加えて、キャストやOSTの情報も紹介しているので、本作品をより楽しみたい人は是非最後までチェックしてみてください。

白夜姫

白夜姫は、U-NEXT で配信されいて、初回無料お試しを利用すれば、1話から最終話まで無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /

「白夜姫」を今すぐ無料で見る
2020/11/10現在の情報です。現在は配信していない可能性もあるため、最新情報は各VODの公式サイトでチェックしてください。

白夜姫は全話無料で視聴可能か?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初めての利用であれば、無料お試しができます。

このお試し期間を上手に利用し、期限内に全話視聴すれば、実質無料で白夜姫を視聴可能。

ただし、VODによって配信状況やトライアル期間が違うので、利用を始める前に調べてから契約しましょう!

\ いっきに読み飛ばし /

VODの配信状況と無料お試し情報

白夜姫は日本語字幕・吹き替えで視聴可能?

字幕
吹替 ×
U-NEXTの配信状況

大半の韓流ドラマは、日本語字幕版のみ配信されていて、吹替版は少しか配信されていません。吹替版で見たい人は、DVD版に入っていないかチェックしてみてください。

白夜姫のU-NEXT での字幕&吹き替え情報は上のようになっています。

白夜姫をYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

白夜姫だけでなく、いろんな韓流ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraに違法アップロードされている場合があります。

違法アップロードされた作品を視聴するのも犯罪で、ウィルスにかかる可能性もあるので絶対おすすめしません。

画質が悪いことも多く、各話をいちいち探さないといけなく面倒なため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどのVODでの視聴をおすすめしています。

  白夜姫を配信しているVOD一覧

国内で有名なVODでの白夜姫の配信状況がこちら。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD ×
Hulu ×
dTV ×

動画配信サービスによって、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、それぞれ詳しく紹介していいます。

U-NEXT

月額料金 1,990円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”5″]

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

31日間無料お試しを体験

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 [star rate=”4″]

配信作品を確認

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

2週間無料お試しを体験

Hulu

Huluバナー
月額料金 923円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”2″]


配信作品を確認
Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

2週間無料お試しを体験

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”3″]
dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

31日間無料お試しを体験

  白夜姫のあらすじ

早くに両親を亡くし、兄夫婦と同居するペク・ヤ。ある日、兄のヨンジュンが事故で死亡する。ヨンジュンが、他界したと聞かされていた母・ウナと会っていたことを知り、ヤは母を探し当てる。幸せそうに暮らす母を見たヤは、怒りに震え…。

引用元はこちら

第1話:

クラブ「ルータゴン」の前に尼さん姿のペク・ヤがやって来た。ソンジの誕生日だから張り切って仮装してきたのだ。そしてソンジがムオムにいきなりキスをし、驚いたヤはムオムにビンタしてしまう。

引用元はこちら

第2話:

お兄ちゃん子のペク・ヤは妊娠中の兄嫁・ヒョギョンが何かと気に障るため、家を出てソンジュンのアトリエに向かう。一方、ファオムの家では、昔面倒を見ていたソンドンという子を思い出し懐かしんでいた。

引用元はこちら

第3話:

ヤと再び口論してしまい夫になだめられたヒョギョンは、ヤに機嫌を直してもらおうとのり巻きの差し入れをアトリエに届ける。一方、ソンジュンはアトリエを訪ねてきた画廊の社長から専属契約を提案されるが…。

引用元はこちら

第4話:

ムオムは友達が出張する1週間だけ犬を預かる。ところが、ムオムの母・ジョンエは犬アレルギーなので家族に内緒で飼うしかない。そんなムオムはデパートで、先日ひと悶着あったヤと出くわしてしまう。

引用元はこちら

第5話:

ソンジの車が軽い接触事故を起こしてしまい、相手方の運転手にひどくなじられる。子供扱いされた上、「親の顔を見たい。親を呼び出せ」などと責められたヤは、つい感情的になり相手に掴みかかる。

引用元はこちら

第6話:

ワンビの存在がタンシルに知られてしまったムオムとファオム。一方、カラオケを楽しんだヤは兄嫁に髪を切ってもらう。これは大好きな兄を奪ったヒョギョンに対する嫌がらせのつもりだったのだが…。

引用元はこちら

第7話:

何度も出くわすのを不思議に思い、ヤとムオムは相性を占うため占い師の元に行く。ヤはソンジの名を借り、ムオムは偽名を使ったところベストカップルという結果が出、2人は急に互いを意識し始めるが…。

引用元はこちら

第8話:

ヤとのデートだと勘違いして浮かれて出掛けたムオム。しかし、待ち合わせ場所のレストランにはソンジの姿があった。あの時占ったのはヤではなくソンジとの相性だったと知り、ムオムは憤慨する。

引用元はこちら

第9話:

ムオムが自室でワンビとくつろいでいると、父親が突然やって来たため大慌て。一方、兄夫婦を心配させるため釜山行きの高速バスに乗ったヤ。家には戻らないとごねる彼女を、兄夫婦は必死で説得する。

引用元はこちら

第10話:

ソンジが未練を感じていることを察したヤは、ムオムへ電話をかけ仲を取り持つ。ウナはソンジュンと昼食を共にし、専属画家としての契約を結ぶ。その頃、誰もいないチョ家に空き巣が侵入していた。

引用元はこちら

第11話:

絵を見にソンジュンのアトリエへ来たムオムは、そこにいたヤに名刺を渡す。再会を喜ぶ2人を前にソンジは戸惑う。一方、ムオムの家ではヤの話題で持ちきりだったが、食事中に犬が現れて大騒ぎになる。

引用元はこちら

第12話:

空き巣に入られたウナの家に来たヨンジュン。今後の防犯プランを練るため犯行現場の主寝室に入ると、なぜか鏡台に母親の若かりし頃の写真があった。平静を装おうとするヨンジュンだが、動揺を隠せない。

引用元はこちら

第13話:

13年ぶりにチャン家を訪れたヤは涙ながらに再会を喜び、ファオムは美しく成長したヤから目が離せない。夕食の後、タンシルはヤに再びチャン家で暮らすよう勧めるが、ヤは兄の子供を理由に断ってしまう。

引用元はこちら

第14話:

ヤは朝から兄嫁に説教をし、アトリエに向かう。ウナはヨンジュンからの連絡に動揺しながらも、幼なじみと再会した夫への牽制を忘れない。一方、ムオムは兄と作る新番組に、ヤを出演させることを思い付く。

引用元はこちら

第15話:

ヨンジュンは実母のウナと再会するが、冷たく突き放された。ショックを受けたヨンジュンは、横断歩道で車にはねられてしまう。偶然にも、一部始終を携帯で聞いていたヤは動転して病院に駆け付けるが…。

引用元はこちら

第16話:

何も事情を知らないまま病院に呼び出されたヒョギョン。ヨンジュンの遺体と対面したヒョギョンはショックで意識を失い、緊急手術で出産する。一方、ジアはクラブでバンソクにスカウトされ、内心大喜びする。

引用元はこちら

第17話:

兄の火葬を終えて携帯を引き取るためカフェに来たヤは、店員から事故当時の状況を聞いて実母への恨みを募らせる。兄の発信履歴を調べるヤは、そこに「母さん」と登録された番号を見つけ、電話をかけるが…。

引用元はこちら

第18話:

宅配業者を装い、実母の住所を聞き出したヤは亡き兄の乗っていた車を運転してチョ家に向かう。そこには夫や娘に囲まれて裕福に暮らすウナの姿があった。それを見たヤは怒りのあまり肩を震わせる。

引用元はこちら

第19話:

ヤは産まれたばかりの甥っ子を抱えてファオムの家を訪ねる。状況が落ち着くまで面倒を見てほしいと頼むと、ファオムたちは快く引き受ける。そんな中、大家が急に帰国することになり、ヤたちは退去を迫られる。

引用元はこちら

第20話:

退院したヒョギョンは部屋に飾られてある結婚式の写真を見て記憶を取り戻すが、産んだはずの我が子が近くにいないことを知りパニック状態に陥る。ヤの知り合いに預かってもらっていると彼女に説明するが…。

引用元はこちら

第21話:

ジャンフン一家とダルラン一家の会食の日、ウナとダルランが火花を散らす。ウナはドラマ出演が決まった娘を自慢し、運転手を頼める女性はいないかと尋ね、そんなウナを尻目にダルランはジャンフンと親しげに話す。

引用元はこちら

第22話:

ジョンエの肖像画を制作するため、ウナは画家を伴いチャン家を訪れた。ヤはチャン家に派遣されていた調理師から思いがけず母の過去について聞き、想像以上にしたたかだった母に憎しみを募らせる。

引用元はこちら

第23話:

ジアの運転手になりたいとファオムに相談するヤ。チュジャンはジョンエに芸妓姿で踊ってほしいと頼む。ムオムはチュジャンに補整下着を贈り、ジーパンを穿かせるが、ジョンエは芸妓姿もジーパンも嫌がる。

引用元はこちら

第24話:

ファオムから「遠い親戚の女の子を運転手として紹介したい」と言われたジアは、ファオムに気があると思い込む。裕福なファオムを娘婿にしたいと目を付けていたウナは、そんなジアの話を聞いて悦に入る。

引用元はこちら

第25話:

ジアの運転手を務めることになったヤは、ソンジュンに「私の後釜として兄嫁のヒョギョンを助手として雇ってほしい」と頼む。その一方で、チョ家の人々にとソンジが友人であることを秘密にするよう念を押す。

引用元はこちら

第26話:

ヒョギョンがアトリエに住み込みでソンジュンの助手をすることになったと聞き、驚くダルラン。妙齢の男女ゆえに間違いがあるかもしれないとダルランは猛反対するが、ソンジは彼女を言葉巧みに言いくるめる。

引用元はこちら

第27話:

犬の夢を見たソンジは、ムオムも犬を飼いたがっていると知り妄想を膨らませる。ウナはさらに条件のいい花嫁候補を探すと同時にスザンナを断る口実を考え始める。一方、ファオムとヤは食堂でスザンナを見掛ける。

引用元はこちら

第28話:

ムオムから奇抜なデザインの帽子をプレゼントされた祖母・タンシルは、最初は尻込みするがムオムに乗せられてアバンギャルドな格好に大変身。一方、ウナはスザンナを呼び出し、相性占いの結果を話す。

引用元はこちら

第29話:

チョ家に招待されたヤは、ジャンフンとウナの仲の良さや幸せそうな家族写真や豪華な食卓を前に不快感を募らせる。 酔ったスザンナが夕食後にやってきてウナと口論を始めるが、2人の会話を聞いたヤはあきれ果てる。

引用元はこちら

第30話:

ナダンに家まで送ってもらったヤは、得意の話術で彼の懐に入ろうとする。よく気が利き、ウィットに富んだ会話をするヤにナダンは引かれ始めていた。一方、ウナはヨンジュンのことを思い出し、電話をかけるが…。

引用元はこちら

第31話:

ウナはヤに服をプレゼントするが、ジアにはゼロが一桁多い値段の靴を買い与えた。羽振りのいい暮らしをしているウナたちに複雑な感情を抱くヤ。一方、ついにソンジがソンジュンの髪を切ってしまい大騒ぎになる。

引用元はこちら

第32話:

ウナの勧めでナダンは大企業の社長令嬢・ミソルとお見合いする。幼少時から母親の望むように生きてきたミソルは何かにつけ「母が」を連発し、ナダンをうんざりさせた。そんな時、ナダンはふと、ヤを思い出す。

引用元はこちら

第33話:

朝食時、ジアがある大物女優のスキャンダルを何気なく口にした。ウナは自身の境遇と同じであることに驚き、表情を曇らせる。一方、チャン家への引っ越しの日を迎えたヤは、ヒョギョンと涙ながらに別れるのだった。

引用元はこちら

第34話:

息子の花嫁候補であるミソルをお茶に誘ったものの、会話が弾まずうんざりするウナ。帰宅すると住み込みの家政婦が勝手に辞めており、ますますいら立つ。また、ヤと一緒にいるはずのナダンがなかなか帰らず…。

引用元はこちら

第35話:

新番組の収録当日。緊張するジアにかいがいしく世話を焼くウナの姿を見て、ヤは人知れずウナへの怒りを募らせる。そして放送局に向かって出発した車を突然バックさせ、車から降りてウナへ駆け寄るが…。

引用元はこちら

第36話:

新番組「青ブドウ」の収録は当初の予想以上に順調に進み、ジアの美貌と話術のうまさにスタッフは舌を巻く。ヤはマネージャーとして家族愛の素晴らしさについて語るジアの姿を見ていて、複雑な思いに支配される。

引用元はこちら

第37話:

先に帰るようジアに言われたヤはファオムにそれとなくアピールをし、車を置きにチョ家に向かう。そこで帰宅したナダンと遭遇。立ち話をしているうちにナダンは、ヤとずっと一緒にいたいとの思いにとらわれる。

引用元はこちら

第38話:

ヤとの散歩を楽しんだナダンは意味深長なことをヤに言ってしまう。そんな彼にヤの価値観をはっきりと伝える。その頃、チャン家ではヤがなかなか帰ってこないため、ファオムがやきもきしていた。

引用元はこちら

第39話:

ナダンとミソルが映画デートをすると知り、ジアとヤは現場に先回りする。その後、ヤの提案で、ミソルにお酒を飲ませようと試みる。ナダンはミソルがいるというのに、カラオケのマイクを握るヤに熱い眼差しを向けた。

引用元はこちら

第40話:

ヒョギョンがアトリエに引っ越す日が来た。ダルランはソンジュンがヒョギョンに引かれやしないか心配する。一方、チャン夫妻は友人夫婦と食事に出掛けた。ジョンエは若い奥様に気遣うチュジャンにあきれてしまう。

引用元はこちら

第41話:

帰宅後も腹の虫が収まらないジョンエは翌日、家族に黙って寺へ行ってしまい、チュジャンとタンシルは気を揉む。一方、ナダンからのメールを意図的に無視したヤだが、そしらぬ顔で彼に電話をかける。

引用元はこちら

第42話:

親の勧めで仕方なく見合いをしたとナダンが言うと、ヤは「幸せそうに見えない」と返す。食事の後、2人はカフェに向かう。ヤがナダンの顔に日焼け止めを塗ってやると、ナダンは何とも言えない幸せを感じた。

引用元はこちら

第43話:

寺から戻ったジョンエはタンシルに経緯を説明し、チュジャンに対する不満を率直に吐き出す。タンシルがジョンエの心情に理解を示して同情する一方で、チュジャンは事態を甘く見ていたことを知る。

引用元はこちら

第44話:

ウナはミソルの母親に、破談にならないよう作り話で懸命に取り繕う。また、ミソルとは結婚しないと言い張るナダンを必死でなだめる。一方、ファオムと美容室へ行くヤは、恋人のふりをするよう彼から頼まれるが…。

引用元はこちら

第45話:

客が手作りするすいとんの店を訪れ、ナダンに家庭的なところをアピールするヤ。ダーツやカラオケの後、ナダンにワインを飲もうと誘われるが色々と理由をつけて断る。そして別れた後、ヤはナダンに電話をかける。

引用元はこちら

第46話:

チョ家を訪れた撮影クルーの中にファオムの姿がなく、ウナとジアは失望する。さらにウナは、縁談を破談にしたいとナダンから言われて憤慨。一方、チュジャンはメン社長と会う日なのに韓方薬を持たずに出掛け…。

引用元はこちら

第47話:

ジョンエのつてでヤに見合いの話が舞い込み、タンシルとジョンエは喜ぶが、ファオムとムオムは猛反対。ヤも乗り気ではない。一方、ヤの魅力にますます溺れていくナダンは、夜にチャン家の近所にヤを呼び出した。

引用元はこちら

第48話:

ウナはナダンとの結婚に前向きなミガン開発の会長夫人と和やかに談笑するが、心の中では焦っていた。ジアをチャン家に嫁がせるため、まずヤを取り込もうとウナは食事に誘うが、急に吐き気を催したヤに疑惑を抱く。

引用元はこちら

第49話:

ソンジュンの助手になったヒョギョンのことを何も知らないウナに「夫を亡くした女性」と説明され、ヤは嫌悪感を覚えた。ヒョギョンと共にチャン家を訪れることになったソンジは、服装や手土産など念入りに準備する。

引用元はこちら

第50話:

ヤへの告白が受け入れられて喜ぶナダンを純粋に愛してくれるナダンに罪悪感を覚えるヤは、心の中でひそかに謝罪する。その頃、ダルランはジャンフンから、ウナが子供を死産していたと聞かされて驚く。

引用元はこちら

第51話:

ナダンがミソルとの縁談を断ってヤと結婚したがっているとの衝撃的な事実を知ったウナは、ヤを呼び出す。「チャン家と血縁はない」と言い放つヤの生意気な態度に怒りが込み上げるウナだが、必死で平静を装う。

引用元はこちら

第52話:

ヤから結婚の話を聞き、チャン家の人々は驚く。タンシルは大喜びするが、ファオムとムオムは反対する。ナダンは早速チャン家に挨拶に行く。一方、ナダンのヤとの結婚の意志が強固だと知り、ウナはある決意をする。

引用元はこちら

第53話:

結婚に反対する意志を告げるためファオムはナダンと2人で話すが、何を言ってもナダンの決意は変わらないため、今度はヤを説得する。一方、母親と口論の果て自宅を飛び出したソンジは、アトリエへと向かう。

引用元はこちら

第54話:

ヤはウナから「会いたい」と連絡を受けるが、彼女を怒らせるため一方的に電話を切ってほくそ笑む。一方、ソンジが母親と言い争った理由を聞いたヒョギョンは、後悔する前に仲直りするようソンジを説得する。

引用元はこちら

第55話:

ウナに言われた侮辱的な言葉を涙ながらに語るヤを見て、ナダンはウナへの不信感を強める。ヤはアトリエに向かい、ソンジやヒョギョンに結婚を報告。結婚相手がナダンと知り、意外な展開に一同は驚いた。

引用元はこちら

第56話:

ヤの結婚を阻止したいファオムは両親に養子縁組を頼み込むが、両親の態度は消極的だ。一方、日取りも決め、結婚後はチョ家で同居すると言うヤに対し、ファオムは「好きでもない人と結婚するな」と怒りをぶちまける。

引用元はこちら

第57話:

ヤの件で相談するためソンジを呼び出したムオムは、改めて彼女と向き合い少しだけ好感を抱く。一方、わからずファオムに連れられ遊園地へやって来たヤは、携帯の存在も忘れて子供のようにはしゃぐのだった。

引用元はこちら

第58話:

ヤと連絡がつかず気を揉んでいたナダンは、彼女と1日を過ごしたファオムに嫉妬する。ファオムは「家族だから一緒にいた」と冷静に告げるが、その言葉と態度にナダンはますます怒りを募らせる。

引用元はこちら

第59話:

入院中のジャンフンを見舞ったヤはかいがいしく世話を焼き、病院食も共にした。ジャンフンは細やかな気配りを見せるヤの姿に心を動かされる。病室に戻ったウナは、2人の仲睦まじい姿を見て激怒するが…。

引用元はこちら

第60話:

ヤがソンジと泳ぎに行くことを知りナダンもプールにやって来たが、ミソルと母親がそこにいた。ナダンとヤの親密な姿を見たミソルの母親はヤの髪を掴んで大暴れ。ソンジとミソルも加勢するが収拾不能の事態となる。

引用元はこちら

第61話:

ヤはチュジャンに絵を買い取ってもらい、そのお金でソンジュンらに食事をごちそうする。一方、番組出演のお礼にジアと食事をしていたファオムは、彼女に気配りをしつつ、ヤとナダンの結婚を認めるよう言い聞かせる。

引用元はこちら

第62話:

1人でアメリカに行ってしまったウナを結婚式に出席させるため、一緒に迎えに行こうとナダンから提案されるヤ。しかし、ヤは「実母の魂が式に出席できるよう母親の席は空席のままにしておいた方がいい」と言う。

引用元はこちら

第63話:

ファオムの思いを聞いてヤが泣いてしまって以来、2人の間には気まずい空気が流れていた。ある朝、ファオムを車で送り、食堂で朝食を取った後、車の中から朝日を見ているヤは思いがけないことを言う。

引用元はこちら

第64話:

ファオムと事故に遭う夢を見たヤは、「ナダンと事故に遭う夢を見た」とうそをついてタンシルとジョンエに相談する。2人から、事故の夢は結婚して幸せになる予知夢だと慰められるが、ヤの不安は膨らむばかりだった。

引用元はこちら

第65話:

ウナに呼び出されたヤはチョ家を訪れ、殺伐とした空気の中、ウナはヤに昼食を振る舞う。ウナの神経を逆なでするような態度を取り続けるヤは、ジアとファオムの仲を取り持つことも拒絶し、ウナを逆上させる。

引用元はこちら

第66話:

兄の忘れ形見がいることをヤから聞いたウナは孫の写真を見たいと言うが、ヤに冷たく拒まれる。ウナは涙ながらに金銭的な償いを提示し、ナダンとの結婚を取りやめるようと必死に説得するが、ヤは聞く耳を持たない。

引用元はこちら

第67話:

ヤは兄の死や甥の存在をナダンに告白。ナダンが快く親戚が増えることを喜んでくれるので、ヤは感謝で胸がいっぱいになる。一方、チャン家の面々はカラオケへ行くが、ファオムは複雑な心境でヤを見つめていた。

引用元はこちら

第68話:

ファオムはヤの誕生日に時計をプレゼントする。高級ブランドの時計に恐縮しつつも嬉しそうなヤ。その夜、ナダンとヒョギョンは初めて顔を合わせたが、ヨンジュンの思い出話をして、和やかな雰囲気になる。

引用元はこちら

第69話:

酔って帰宅したファオムはヤに花束を渡した。これを見たジョンエはある可能性に気付く。一方、ムオムはソンジに呼び出され母親に対する愚痴を聞いてやるが、いつの間にかソンジがタメ口で喋っていた。

引用元はこちら

第70話:

ソンジュンのアトリエを訪ねたウナは、ヒョギョンにジュンソの写真を見たいとそれとなく言うがやんわり断られてしまう。画廊に戻ったウナはやけ酒を飲み、酔った勢いでヤを呼び出し「離婚はできない」と言うが…。

引用元はこちら

第71話:

ついに両家の顔合わせの日を迎える。ヤが笑顔で両家を気遣い、和やかな雰囲気で食事と酒が進み、会話の花が咲く中、ウナだけはやけに静かだ。ヤは笑顔で話し掛けるが、ウナはますます顔を引きつらせる。

引用元はこちら

第72話:

ファオムは告白を決意してヤに電話をかけるが、あいにく彼女はナダンとデート中だった。ファオムはアトリエに行き、ヒョギョンに相談するものの反対される。そんな折、父親の知人からファオムに縁談話が持ち上がる。

引用元はこちら

第73話:

ファオムと見合いすることになったミソルは、母親同伴で確実に彼をゲットするための恋愛ノウハウを伝授される。一方、ヤを忘れるために結婚を決意したファオムは、ミソルの職業も家柄も聞かずに準備を進める。

引用元はこちら

第74話:

ミソルと1回会っただけで結婚を決めたファオムに驚くチャン家の面々だが、ムオム以外は運命の人に出会ったのだと好意的に受け止める。一方、ナダンは夢に実母が出てきて不思議な体験をしたことをヤに告げる。

引用元はこちら

第75話:

自身の歓迎会で豪快な乾杯の音頭を取るソンジ。そんな彼女の姿を見てムオムは気持ちを固め、早朝にアトリエの前でプロポーズした。ソンジは感激のあまり失神してしまい、焦ったムオムが病院に運ぼうとするが…。

引用元はこちら

第76話:

ファオムの見合い相手が気になるヤがデートに同席すると、現れたのは何とミソルだった。ミソルは気まずくなり口実を作って退席。今度こそ娘が結婚できると期待していたミガン開発の会長夫人もショックを受ける。

引用元はこちら

第77話:

結納の儀式を無事に終えたヤとナダンは友人たちと宴会を楽しんだ。ファオムの見合い相手がミソルだったことをヤから知らされ驚くナダン。そして結婚式当日の朝、ウナは突然の腹痛に襲われ病院へ搬送される。

引用元はこちら

第78話:

ウエディングドレスに身を包んだヤが挙式会場に到着。急きょ娘の結婚相手とその家族に会うこととなったダルランも浮き足立って会場へ向かう。一同は新郎の母親が急病により式に出られなくなったことを残念がるが…。

引用元はこちら

第79話:

結婚式が無事に終わり、ウナを見舞うために病院を訪れたナダンとヤだが、ロビーでナダンがチンピラに因縁をつけられる。ヤの制止を振り切りナダンは連中と揉み合いになり、ヤは懸命に彼を制止するが…。

引用元はこちら

第80話:

ジャンフンから連絡を受けたダルランは、ウナの容体が急変したと思って病院に来た。しかし、病室のベッドに横たわっていたのはヤだった。ムオムたちも、見舞客殴殺事件の被害者がナダンだと知り、病院に急行する。

引用元はこちら

第81話:

目は覚ましたものの憔悴しきったヤは、安置室でナダンに別れを告げ、彼のまぶたを閉じさせる。また、ダルランはソンジの帰宅と結婚を喜び、うたた寝していたソンジュンをも起こして娘のために餃子を作る。

引用元はこちら

第82話:

ファオムは両親の前でヤと結婚することを宣言。反対しても無駄かもしれないと心配するジョンエに対し、チュジャンはヤを信じようと言う。一方、ソンジュンはムオムの女性遍歴を探るため男同士で酒を飲みに行く。

引用元はこちら

第83話:

緘黙症が癒えて言葉を話すようになったヤだが、入院先の病院から姿を消す。携帯電話も繋がらず、自殺でも図ったのではとファオムやヒョギョンは気を揉む。ソンジュンはヒョギョンに付き添って警察に相談しに行く。

引用元はこちら

第84話:

ヤはヒョギョンに自らの無事を知らせてからチョ家を訪れ、ナダンの代わりに家族として同居させてほしいと頼む。一方、チャン家ではファオムにヤとの結婚を諦めさせようと、養子縁組の話が持ち上がっていた。

引用元はこちら

第85話:

チャン家の面々の前でファオムにプロポーズされるも、ヤは毅然とした態度で断った。ムオムは兄の驚くべき発言をソンジに伝え、ソンジもまた浮かない顔をする。一方、ヒョギョンはヤをチョ家へ送り出し、涙をこぼす。

引用元はこちら

第86話:

ヤはジャンフンに、介護が必要になっても最後まで尽くすと誓う。一方、ヒョギョンはヤに対するファオムの気持ちを止めるべきだったと後悔していた。ソンジュンは「ヤはあなたの幸せを願っている」とファオムに言う。

引用元はこちら

第87話:

ナダンの死をチャンスとばかりに、ミソルの母親はヤを呼び出し、ミソルが復縁できるようにファオムへの口添えを頼んだ。ヤはファオムに会い、ミソルとやり直すように勧めるが、ファオムもヤに言いたいことがあった。

引用元はこちら

第88話:

ジャンフンは感謝の意を示すためダルランを家に招くことにする。ウナはプロの料理人を呼んでごちそうを作らせようとするが、ジャンフンとヤは猛反対。何も手伝わずに口ばかり出すヤに、ウナは不満を募らせる。

引用元はこちら

第89話:

今週末に式を挙げなければ5年間子宝に恵まれないと占い師に言われ、1週間足らずで準備をするチャン家とユク家。ヤの助言で芸能界を諦めることにしたジアは、画廊の仕事を学ばせてほしいとウナに頼んだ。

引用元はこちら

第90話:

しばらく家政婦が休むことになり、ウナはプロの料理人を呼んでごちそうを用意したが、ダルランは箸が進まない。食後も食べ物の話を続けるジャンフンらにウナはうんざり。さらに、ヤには昔の話を持ち出されてしまう。

引用元はこちら

第91話:

海外から帰国した足でファオムの元へ向かっていた脚本家のチョン・サミは、トッポッキをジアの足にこぼしてしまい口論になる。一方、ヤはソンジュンに、今日がヒョギョンの誕生日であることを伝えた。

引用元はこちら

第92話:

急に挙式が決まって慌ただしいユク家。そんな中、ダルランはヤから提案された料理教室の件をソンジに話す。ダルランはソンジュンのデート疑惑には大した興味も示さず、ソンジに目を細めるばかりだった。

引用元はこちら

第93話:

今日はチャン家からユク家に結納品が届く日。大騒ぎしないと約束したにもかかわらず、ムオムの友人たちはユク家の前でどんちゃん騒ぎする。何とか家に入ってもらおうと考え、ミソルが一芸まで披露する。

引用元はこちら

第94話:

サミが役に合わないと言っていることを知り、ジアを害した。彼が大ヒット小説の作者であることを知っているヤは、諦めないようジアを説得する。一方、ダルランはアトリエの前に美人が立っているのを目撃した。

引用元はこちら

第95話:

二日酔いのウナのために酔い覚ましのスープを用意するヤ。そんなヤにウナは笑顔を浮かべて礼を言う。一方、ファオムの事務所で話し合いの場を設けたジアとサミだが、サミの正直過ぎる物言いでジアを傷つけてしまう。

引用元はこちら

第96話:

ヤの外出中に、ジュンソの写真を見ようと部屋の中を探すウナ。ジアはウナの進言どおりサミを食事に誘おうと連絡をするが捕まらない。アトリエに寄ったヤとファオムは、ヒョギョンを訪ねていたソンジュンと遭遇する。

引用元はこちら

第97話:

ソンジュンに告白されて戸惑うヒョギョン。亡き夫・ヨンジュンに対して申し訳なさもあり、ヒョギョンは揺れる気持ちをヤに打ち明ける。しかしヤは反対などせず、ソンジュンとの結婚を後押しすると言う。

引用元はこちら

第98話:

ヒョギョンと結婚する意志を固めたソンジュンは指輪を買った。そしてヒョギョンを説得するようヤに頼むが、ヤはあれこれ理由を並べて引き受けない。ソンジュンは思いきって指輪をヒョギョンに差し出した。

引用元はこちら

第99話:

サミがジアの起用を頑なに拒んでいたのは、彼女の顔と名前と姉を捨てた母親に似ているからだった。しかしファオムに叱咤され考えを改めたサミはジアの起用を決め、その知らせを聞いたジアとウナは喜んだ。

引用元はこちら

第100話:

ヒョギョンと結婚することをソンジュンから宣言されたダルランは激しく取り乱す。ソンジュンの決意は固く「何があっても別れない」と宣言。一方、ユク家を後にしたムオムとソンジはチャン家へと戻った。

引用元はこちら

第101話:

ソンジュンとヒョギョンが過ちを犯すのではないかと不安なダルランがアトリエに乗り込むが、2人の姿はなかった。一方、ウナの提案を断り居酒屋に集まったファオム、サミ、ヤ。サミはヤに親近感を抱いていた。

引用元はこちら

第102話:

ソンジュンの結婚話をダルランから聞いたソンジ。ヒョギョンに結婚を諦めさせるためヤと結託しようと考えるが、ヤは結婚を諦めないようヒョギョンを説得していた。ソンジはヤたちの会話をこっそり聞いてしまう。

引用元はこちら

第103話:

家ですいとんを作る姿を撮影したらヤと釜山に行けると信じていたファオムだが、彼が実際に作ったと話してもヤの頭の中はヒョギョンの結婚の件でいっぱいだった。そして、ヤが釜山旅行の代わりにあることを提案する。

引用元はこちら

第104話:

ヒョギョンを兄から引き離すためアトリエに乗り込んだソンジは、彼女に強い口調で別れを迫りながらも食事の支度までさせる。一方、主演女優に関心を示すファオムに嫉妬したヤは、番組のパーティーを欠席すると言う。

引用元はこちら

第105話:

ユレカはファオムに一目惚れし、積極的にアプローチをする。ファオムはうまくかわしているつもりだが、ヤは気が気でない。一方、ダルランと食事に出掛けたジャンフンは、彼女の愚痴を静かに聞いてやる。

引用元はこちら

第106話:

深夜にアイスもなかを買ってヤの元を訪れたファオムは、ドラマの関係者たちで済州島に行くことを提案。一方、挙式の日までアトリエで暮らすことを決めだソンジュンが、怒ったダルランに水を掛けられてしまう。

引用元はこちら

第107話:

夜中に家で麺をゆでてこっそり食べたソンジ。翌日、ソンジはムオムと一緒に冷麺を食べに行くが、酢を大量に入れてお代わりまでする。その頃、タンシルはソンジたちが子宝に恵まれるよう祈っていた。

引用元はこちら

第108話:

チャン家を訪れたソンジュンは「パパになる記念」だと言い、ジュンソに金の腕輪をプレゼントする。このことを知ったダルランはソンジュンを問い詰めるが、「ヒョギョンにダイヤの指輪を贈った」と聞いて仰天する。

引用元はこちら

第109話:

友人と食事をした帰りに実家に寄ったソンジ。娘の顔を見てピンときたダルランは、妊娠検査薬を使ってみるよう勧める。一方、ファオムが独立を思いとどまったと知ったタンシルたちの心境は複雑だった。

引用元はこちら

第110話:

「結婚式に出席してほしい」と息子に頼まれ表情を曇らせるダルランだが、条件を出すためにヒョギョンを呼ぶよう告げ、ソンジュンを喜ばせてしまう。一方、ウナは夫の病院にダルランの料理教室があることを知る。

引用元はこちら

第111話:

病院での検査の結果、ソンジが四つ子を妊娠していることが判明。それを知ったジョンエとダルランはソンジの体にかかる負担を心配する。情緒不安定なソンジは涙ながらに、ヤの作るチゲが食べたいとムオムに訴えた。

引用元はこちら

第112話:

破水して緊急帝王切開をすることになったソンジ。チャン家もダルランも夢占いを信じて女児が誕生すると思っていたが、生まれてきたのは4人とも男の子だった。そのため、一同はソンジに性別を伝えづらくなる。

引用元はこちら

第113話:

チュジャンが深刻な顔をしていた。そして「浮気をしている」と告白。相手は若い女性で子供もいるらしい。ジョンエは「離婚する」と激怒。一方、ソンジュンは出家すると言い出し、ダルランは動揺するばかりだった。

引用元はこちら

第114話:

ジアが甥の存在を知られてしまい、ヤはジャンフンたちに兄の話をすることになる。ウナは知らん顔を決め込み、ヤの冷たい視線を浴びる。だが、これを好機と見たウナは、ジャンフンにジュンソを引き取りたいと話す。

引用元はこちら

第115話:

ファオムがアメリカ研修から戻ってきた。唯一、帰国日を知らされていたヤは空港まで迎えに行き、愛しい人との再会を喜ぶ。一方、妻にヤの甥っ子を引き取ろうと言われたジャンフンは、ダルランのことを考えていた。

引用元はこちら

第116話:

「息子を手放す気はない」と明言したヒョギョンだが、ジュンソがダルランに可愛がられていないのではないかというウナの指摘に心が揺らぐ。一方、ジャンフンはダルランの家でお灸を試すことになる。

引用元はこちら

第117話:

サミとヤの仲を疑うファオムはサミの本音を聞き出し、ファオムがサミに下心があるわけではないと知って安堵する。一方ウナは、ヤとの同居を解消するようファオムから頼まれ、願ってもない話に内心ほくそ笑んだ。

引用元はこちら

第118話:

ジャンフンとダルランはお灸の後に公園で楽しい時間を過ごし、帰宅後も余韻に浸っていた。一方、ウナはヤをチャン家に嫁がはジュンソを引き取って育てるという夢を実現させるため、色々と画策する。

引用元はこちら

第119話:

結婚に向けた第一歩として、ファオムとヤはマンションを内覧した。ヤはチョ家を出ること以外は来年以降に考えたいとファオムに告げる。一方、ジャンフンとダルランはお灸の後、映画デートに向かう。

引用元はこちら

第120話:

チャン家がヤをファオムの結婚相手として認められないとの見解を知ったヤは、身を引くため「一番親しい仲になろう」と言ったサミの提案を受け入れる。サミに呼び出されたファオムは、そこにヤがいることに驚く。

引用元はこちら

第121話:

ウナの思惑を阻止するため、彼女が実母であることをヒョギョンに明かしたヤ。全てを知ったヒョギョンは、死んだヨンジュンを思い涙を流す。一方タンシルたちは、ヤが身を引いたことをソンジから伝えられ喜んだ。

引用元はこちら

第122話:

サツマイモを受け取りに行ったジアは事務所でサミに会い、家まで送ってもらう。その途中、「施し」という言葉と共にサミから肌着をプレゼントされて喜ぶが、その後「施し」の意味を知ったジアはすねてしまう。

引用元はこちら

第123話:

吐き気を催したソンジを見て、妊娠を確信したタンシルたちは検査薬の結果を待つ。一方、ダルランはソンジが女児を授かるよう占いに行くことにし、ジャンフンに付き添われて霊媒師の元を訪ねるが…。

引用元はこちら

第124話:

女の子には恵まれず、次も双子の男の子を授かるという占いの結果をダルランから聞き、落ち込むムオムとソンジ。一方、ミガン開発の会長夫人からジャンフンの浮気を指摘されたウナは、夫にさりげなく探りを入れる。

引用元はこちら

第125話:

スカイラウンジへ向かう展望エレベーターの中でファオムが突然意識を失い、ヤは取り乱す。すぐに目を覚ましたが、ヤの前で醜態をさらしたことでファオムは落ち込む。その頃、ウナはヒョギョンを呼び出していた。

引用元はこちら

第126話:

ヒョギョンの突然の訪問に慌てたウナは、半ば無理やりに彼女を追い返す。ヒョギョンから、ウナが彼女に画廊への就職をちらつかせたことを聞かされたヤは、ウナを困らせるためソンジュンを訪ねる。

引用元はこちら

第127話:

ジアはサミを病院に呼び出し、血液検査を受けさせる。サミはあきれつつも、検査後にジアと食事や買い物を楽しんだ。一方、ダルランの家にジャンフンがいることを突き止めたウナは、隙を狙って押し掛け2人をなじる。

引用元はこちら

第128話:

ジアとファオムから離れるため、サミとヤは婚約する。ヤとのデートを楽しみにしていたファオムは、婚約の話を聞いて大きなショックを受ける。一方、ジャンフンとダルランの関係を疑ったウナは離婚を口走る。

引用元はこちら

第129話:

サミが近所に引っ越してきたことを知ったジアは、酔った勢いで彼の部屋に押し掛ける。婚約のいきさつを詮索し、なじり、揚げ句サミの歯ブラシを使って歯磨きをする。ヤはサミから連絡を受け、ジアを迎えに行く。

引用元はこちら

第130話:

大邱へ向かう途中で交通事故に遭ったヤとサミ。サミの姉から2人が到着しないと連絡を受けたファオムは、弁護士を通じて事故のことを知る。すぐにヤが搬送された病院へ駆け付けるファオムだが、ヤの意識はなかった。

引用元はこちら

第131話:

ヤとサミが婚約まで決めた理由を知ったファオムは、怒りに任せて結婚の準備を始めた。一方、ヤたちが事故に遭ったことを知らないソンジは姑のジョンエに、ヤの結婚の世話はしなくていいと助言する。

引用元はこちら

第132話:

ファオムに女性を紹介しようとタンシルたちは画策する。だが、ヤの交通事故をきっかけにファオムはヤとの結婚を決意していた。事故の話を聞いたタンシルは、ファオムの身をますます案じるが…。

引用元はこちら

第133話:

ジアのアドバイスで、ジャンフンは絵を守るために画廊を閉める。驚いたウナは与を要求するが、ジャンフンは家の金額だけ渡して家から追い出そうとする。一方、ソンジはヤたちの結婚に警戒感を抱く。

引用元はこちら

第134話:

タンシルとジョンエは弁護士を呼び、ヤを海外に行かせる計画を進める。サミは急に見舞いに来なくなったジアのことを考えていた。一方、ウナはダルランへの報復に向け、ソンジュンたちに離婚の報告をしに行く。

引用元はこちら

第135話:

結婚準備の相談かと思っていたヤは、海外へ行ってほしいとタンシルに言われてショックを受ける。若い画家との再婚を考え始めたウナはジャンフンに潔く出ていくと告げるが、ウナの態度にジャンフンは不快感を覚えた。

引用元はこちら

第136話:

ヤは海外に発つ前にソンジを食事に招待し、親友として思い出を語らう。しかし、何も知らないソンジはヤが義姉になることを警戒して探りを入れる。家で待つタンシルたちは計画を実行に移せるかどうか心配していた。

引用元はこちら

第137話:

ヤは留守中のサミの部屋を借りてファオムに食事を作る。2人暮らしの雰囲気を味わって幸せに浸るファオムだが、ヤはファオムとの別れを決意してこの食事を作ったのだ。そこへ、サミが早めに帰宅した。

引用元はこちら

第138話:

ヤが束草の海に身を投げたとの連絡を受け、取り乱すジアとウナ。ヒョギョン宛の遺書が残されていたためヒョギョンにも連絡が入る。ヤが逃げたのではないかと心配していたジョンエにも弁護士から一報が入る。

引用元はこちら

第139話:

ヤがヒョギョンに宛てた遺書を読み泣き崩れるファオムは、会長の命令で病院へと連れていかれる。タンシルとジョンエは、遺書に海外へ行けと言われたことには一言も触れられていないことを知っを責めた。

引用元はこちら

第140話:

ファオムは海に身を投げるヤの姿を目撃したと言う人物に話を聞くが、説明に納得できず目撃者に疑いの眼差しを向ける。一方ウナは、ヤの遺書のことが一言も触れられておらずショックを受ける。

引用元はこちら

第141話:

ファオムはヤの後を追おうとして強制入院させられ、タンシルも気を失って病院に運ばれた。そんなチャン家の現状をヒョギョンから聞いて、ヤは寺から出ることを決意。みんなはヤの姿を見て、幽霊だと思ってしまう。

引用元はこちら

第142話:

退院したファオムと俗世に戻ってきたヤは焼き肉を食べる。帰り道、三千拝をしていたせいで脚に力が入らないと言うヤをファオムはおぶってやる。束草から戻ってきたサミとバンソクは、ファオムたちの姿を見つける。

引用元はこちら

第143話:

泥酔したふりをして、ジャンフンとダルランの浮気まがいの行為をジョンエたちに聞かせるウナ。ソンジはいたたまれなくなって席を立ってしまう。ウナが帰った後、ソンジは母親を問い詰めに実家へ向かう。

引用元はこちら

第144話:

結婚式を済ませたファオムとヤが新婚旅行に出発し、ファオムはたくさんのサプライズでヤを喜ばせる。一方、タンシルたちはヤを褒めちぎりながら結婚式の余韻に浸るが、ソンジはそんなチャン家の空気に耐えられない。

引用元はこちら

第145話:

ファオムたちは済州島での新婚旅行を満喫していたが、急な知らせを受けてソウルに戻ってくる。一方ジアは、結婚を前提の交際かドラマの主役かどちらか選ぶようサミに言われ、迷った末にあることを提案する。

引用元はこちら

第146話:

チュジャンの問題に完璧に答えるファオムとヤに、気まずい表情を浮かべるムオム夫婦。さらに姑たちがヤをベタ褒めしたため、ソンジはいたたまれない。そしてヤは、結婚前に見たある夢の真実をジョンエたちに明かす。

引用元はこちら

第147話:

ウナに三成洞の家を貸したいとヤは言うが、三成洞の家で暮らしたいソンジはウナとは距離を置くようジョンエたちに忠告する。やっとウナを母親として受け入れられるようになったヤは、ソンジの言葉に不快感を覚える。

引用元はこちら

第148話:

結婚してもなかなか妊娠しないヤを心配するタンシルたち。そんな中、ヤがファオムを誘って外出。行き先が産婦人科だとは思ってもいなかったファオムは、驚きと期待で胸が高まり検査の結果を待つ。

引用元はこちら

第149話:

ソンジがヤに嫌がらせしていたことが発覚し、チャン家は大騒ぎになる。ヤはストレスによる切迫流産で入院する。ソンジは反省し、ヤに正直な気持ちを伝える。ヤが無事に出産することを誰もが望んでいた。

引用元はこちら

  白夜姫のキャスト

役名 俳優名
ペク・ヤ パク・ハナ
チャン・ファオム カン・ウンタク
チョ・ナダン キム・ミンス
ソ・ウナ イ・ボヒ
チャン・ムオム ソン・ウォングン

  白夜姫の主題歌・OST

Disc1
내 사랑아 R.envy 4:11
Some Love 전유주 3:38
Shiny Starry Sky Silent Duval 3:16
백야 Theme Praha 2:44
빗방울 처럼 Praha 3:47
눈물이 흘러 Praha 3:45
보고싶은 너에게 (Sad Theme) Praha 4:30
Theme For 백야 Praha 2:42
error: コンテンツを保護しています。