武神の動画を1話から最終回まで無料で視聴する方法

この記事を読めば、「武神」の日本語字幕版を無料で視聴する方法が30秒でわかります。加えて、キャストやOSTの情報も紹介しているので、本作品をより楽しみたい人は是非最後までチェックしてみてください。

武神

武神は、U-NEXT で配信されいて、初回無料お試しを利用すれば、1話から最終話まで無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /

「武神」を今すぐ無料で見る
2020/09/21現在の情報です。現在は配信していない可能性もあるため、最新情報は各VODの公式サイトでチェックしてください。

武神は全話無料で視聴可能か?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初めての利用であれば、無料お試しができます。

このお試し期間を上手に利用し、期限内に全話視聴すれば、実質無料で武神を視聴可能。

ただし、VODによって配信状況やトライアル期間が違うので、利用を始める前に調べてから契約しましょう!

\ いっきに読み飛ばし /

VODの配信状況と無料お試し情報

武神は日本語字幕・吹き替えで視聴可能?

字幕
吹替 ×
U-NEXTの配信状況

大半の韓流ドラマは、日本語字幕版のみ配信されていて、吹替版は少しか配信されていません。吹替版で見たい人は、DVD版に入っていないかチェックしてみてください。

武神のU-NEXT での字幕&吹き替え情報は上のようになっています。

武神をYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

武神だけでなく、いろんな韓流ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraに違法アップロードされている場合があります。

違法アップロードされた作品を視聴するのも犯罪で、ウィルスにかかる可能性もあるので絶対おすすめしません。

画質が悪いことも多く、各話をいちいち探さないといけなく面倒なため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどのVODでの視聴をおすすめしています。

  武神を配信しているVOD一覧

国内で有名なVODでの武神の配信状況がこちら。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD ×
Hulu ×
dTV ×

動画配信サービスによって、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、それぞれ詳しく紹介していいます。

U-NEXT

月額料金 2,189円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”5″]

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

31日間無料お試しを体験

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 [star rate=”4″]

配信作品を確認

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

2週間無料お試しを体験

Hulu

Huluバナー
月額料金 1,026円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”2″]


配信作品を確認
Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

2週間無料お試しを体験

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”3″]
dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

31日間無料お試しを体験

  武神のあらすじ

舞台は13世紀の高麗。王と文臣貴族による朝廷は権力を失い、武力を背景とした武臣が政権の座に就いて約50年。権力闘争に勝利し武臣政権の頂点に立ったチェ・チュンホンは、自らの権力基盤である都房を 率いて国政を牛耳っていた。そんな中、都房の暴政に不満を抱いた僧侶たちが反乱を起こしたのをきっかけに、全国の寺院は大々的な弾圧を受けることになる。赤ん坊の頃に寺に引き取られ、僧侶見習いのムサンとして育てられたキム・ジュンは、チェ・ヤンベクの都房親衛隊に逮捕され、チェ・チュンホンの屋敷から逃亡した奴婢の子であると発覚してしまう。チェ・チュンホンの孫娘ソンイの助言で処刑を免れたキム・ジュンは、撃毬の腕前によって、チェ・チュンホンの長男でソンイの父であるチェ・ウの目にとまり、家臣として取り立てられる。折しも北方で大帝国を築いたモンゴルが高麗を侵略する中、武臣政権を継いだチェ・ウの信任を得て、側近として活躍するキム・ジュン。

引用元はこちら

第1話:僧侶たちの反乱僧侶たちの反乱

1217年、高麗時代中期、当代の執権者チェ・チュンホンの政治に僧侶たちが不満を爆発させるも、鎮圧される。またチェ・チュンホンの執政機関・都房は、反乱軍の残党を捕まえるべく、村の襲撃を兵士に指令した。

引用元はこちら

第2話:過酷な尋問過酷な尋問

偽の僧侶として拷問されたムサンは、かつてチェ・チュンホンの屋敷から逃亡した奴婢の息子、キム・ジュンだということがばれる。一方、反乱の首謀者が義父だという噂が立ち、チェ・ウは窮地に立たされる。

引用元はこちら

第3話:奴隷の日々奴隷の日々

キム・ジュンは築城現場で奴隷として働かされる中、監督官のチェ・ヤンベクらもかつて奴隷だったが、撃毬で勝ち残って家臣に昇格したという話を聞く。一方、チェ・チュンホンはチェ・ウに、とある忠告をする。

引用元はこちら

第4話:撃毬(キョック)撃毬(キョック)

撃毬に出場する決心をしたキム・ジュンは、チェ・ヤンベクの厳しい練習に明け暮れる。ウォラはキム・ジュンが危険な撃毬に志願したと知り、心配して彼を訪問。そこでキム・ジュンは固い決意を語るのだった。

引用元はこちら

第5話:流血の勝利流血の勝利

目の前で仲間が殺され、キム・ジュンは傷心のまま第2戦に臨む。そこで劣勢を跳ね返しながら頑張るキム・ジュンの姿に会場は盛り上がるが、彼を見つめるソンイの姿に、母のチョン氏は不安を抱く。

引用元はこちら

第6話:男の決意男の決意

ソンイはキム・ジュンの気迫に押されて、撃毬に出場すること許可する。彼のために皇室の典医を呼び、その上でチェ・ウの上質な杖匙を借りてこさせるのだった。一方、チェ・ウの庶子の萬宗は、ウォラに目を付け…。

引用元はこちら

第7話:激励激励

キム・ジュンは流血しながらも勝利する。そんな彼をソンイは気に留めていた。一方、チェ・ウは父のチェ・チュンホンから託された巻物を開くが、そこには父親の署名しか記されていない白紙の代物だった。

引用元はこちら

第8話:ただひとつの願いただひとつの願い

キム・ジュンは、うなされながらウォラの名前を呼んでいた。一方、腹心のイ・ギュボを都から追放したチェ・チュンホンは、金剛山の道人がくれた丸薬をキム・ヤクソンに見せながら、ソンイとの縁談を持ち掛け…。

引用元はこちら

第9話:かすかな嫉妬かすかな嫉妬

キム・ジュンの願いに、会場は拍子抜けする。ソンイは、キム・ジュンが戦ったのはウォラのためであっては利用されただけだったと知り、嫉妬心を抱いてしまう。ウォラはキム・ジュンと共に過ごすことを望み…。

引用元はこちら

第10話:兄弟の杯兄弟の杯

チェ・ウがチェ・ヒャンの屋敷に招待された。チェ・ヒャンはキム・ジュンの家臣にしたいと望んでおり、キム・ジュンはを救ってくれた恩に報いると答える。キム・ジュンは小軍将に採り立てられ…。

引用元はこちら

第11話:綱渡りの人生綱渡りの人生

スボプはウォラを引き取るためチェ・ウの屋敷を訪問する。しかしウォラは、キム・ジュンを残しては行けないと言い放つ。また、チョン氏はウォラとキム・ジュンの縁談話を進行していて、ソンイは気が気でなかった。

引用元はこちら

第12話:興王(フンワン)寺での奇襲興王(フンワン)寺での奇襲

蔵書閣でキム・ジュンが書物を読んでいる時にヘシム一行がやって来て、彼の学識に感心する。また、チェ・ウが興王寺に到着したところで、中庭でチェ・ヒャン側の刺客から攻撃されるが、キム・ジュンが救出する。

引用元はこちら

第13話:密旨の中身密旨の中身

チュンシムは片思いの相手、チェ・ヤンベクから傷つけられ、ウォラの幸せを妬むようになってしまう。一方、チェ・ヒャンはチェ・チュンホンの危篤を知らせるため、キム・ドンミョンをチェ・ウの屋敷に派遣する。

引用元はこちら

第14話:巨星墜つ巨星墜つ

キム・ドンミョンの口車に乗せられ、チェ・ヒャンが配置した伏兵は武装解除する。そしてチェ・ヒャンにくみした3人は斬首。同じ頃、チェ・チュンホンは最期を迎えようとしていた。そこへチェ・ウが現れ…。

引用元はこちら

第15話:嫉妬の炎嫉妬の炎

キム・ジュンはチェ・ウの最側近として仕えることに充実感を得ていた。一方、教定別監のキム・ヤクソンとの縁談を嫌がり続けるソンイは、母のチョン氏に思わず、キム・ジュンの方が良いと口走ってしまう。

引用元はこちら

第16話:奪われた幸せ奪われた幸せ

自分の気持ちを伝えるソンイだが、キム・ジュンはチェ・ウへの忠誠を理由にして、それを受け入れることはなかった。一方、チュンシムにだまされて小屋に閉じ込められたウォラは、萬宗に嬲られてしまう。

引用元はこちら

第17話:告白告白

チュンシムとキョンガが処刑された。また萬宗と萬全にも斬首の命令が下されるが、周囲の必死の説得で、出家の上、追放という罰に軽減。一方、チュンシムの言葉が気になるチェ・ウは、ソンイに真相を問い…。

引用元はこちら

第18話:駆け落ち駆け落ち

ソンイとキム・ヤクソンが結婚する2日前、ソンイはキム・ジュンと臨津江の港に行く。そしてソンイは一緒に遠くへ逃げようと言うが、キム・ジュンは拒む。そこへ、チェ・ヤンベクが連れ戻しに現れるのだった。

引用元はこちら

第19話:戦乱の幕開け戦乱の幕開け

数年後、チョン氏が死去し、キム・ヤクソンとソンイ夫婦には息子のミと娘のヨンが誕生していた。そんな中、咸新鎮にモンゴルの大軍がやってきて、窮状の中で準備が整わないまま戦乱となっていく。

引用元はこちら

第20話:悲壮の鉄州(チョルチュ)城悲壮の鉄州(チョルチュ)城

キム・ジュンのいる鉄州城で戦闘が始まった。テ・ジプソンを中心とする精鋭軍は、一向に出陣準備が整わないが、キム・ヤクソンは厳しく対処できず、チェ・ウはいら立っていた。一方、鉄州城は、陥落寸前となり…。

引用元はこちら

第21話:気迫の亀州(クィジュ)城気迫の亀州(クィジュ)城

一夜明けて、鉄州城は陥落し、キム・ジュンはモンゴル軍の包囲する亀州城に足を向ける。そこでキム・ギョンソンとキム・ジュンは合流し、少数精鋭で敵陣を徹底攻撃。モンゴル軍は大混乱に陥り、撤退する。

引用元はこちら

第22話:蹂躙される民蹂躙される民

南下を続ける蒙古軍は平州城で民を虐殺し、亀州城付近では高麗中央軍に奇襲を仕掛けて全滅させた。その頃、都房には無条件降伏を求める通告書が届くが、チェ・ウとキム・ヤクソンの意かれしまう。

引用元はこちら

第23話:涙の降伏涙の降伏

興王寺の焼失に驚愕し、チェ・ウは自国の無力さを嘆きながら降伏する。和議が結ばれ、抗戦が続いている亀州城と慈州城にも、戦闘の中止の指令が下された。そんな中、都房に戻ったキム・ジュンはソンイと再会する。

引用元はこちら

第24話:苦い酒苦い酒

慈州城で抵抗を続けていたチェ・チュンミョンだったが、ついに観念する。蒙古軍の総司令官・サルタクは王宮を訪ね、宴席でキム・ギョンソンの戦いぶりを称えながら、酒を飲んで交流を図るのだった。

引用元はこちら

第25話:二体の仏像二体の仏像

ソンイの家の内仏堂が完成し、二体の仏像に瞳を入れる儀式が行われることに。そこにキム・ジュンも招待された。またキム・ヤクソンはソンイに、キム・ジュンに酌をさせようと勧めるが、キム・ジュンはそれを断った。

引用元はこちら

第26話:ダルガチ暗殺ダルガチ暗殺

視察から戻ったキム・ジュンは、江華島が遷都に最適な場所だと言う。するとチェ・ウは、慎重な態度を示すキム・ヤクソンを叱責しながら、遷都計画を強引に進めていく。また、キム・ジュンはある暗殺命令を受け…。

引用元はこちら

第27話:雨の中の遷都雨の中の遷都

過ちを指摘するのが重要だと言い、キム・ジュンはチェ・ヤンベクの失敗を許す。一方、テ・ジプソンの娘がチェ・ウの後妻に納まった。そんな中、江華島への遷都が強行され、民たちは建築工事に駆り出されていた。

引用元はこちら

第28話:彼女の面影彼女の面影

蒙古軍が江華島の対岸に集結するが、海に阻まれ攻撃をすることができない。一方、南下した蒙古軍の別働隊が大蔵経を狙っていると見たキム・ジュンは、大邱の符仁寺に急行。そこで、ウォラに似た娘と遭遇する。

引用元はこちら

第29話:燃える大蔵経燃える大蔵経

八公山城で戦闘が繰り広げられている隙に、プタウは符仁寺に足を運ぶ。それをキム・ジュンは止めようとするが、間一髪、大蔵経は炎に囲まれてしまった。その炎に巻き込まれたキム・ジュンは意識不明になり…。

引用元はこちら

第30話:自由の身自由の身

チェ・ウはキム・ジュンを奴婢から解放し、官職を与えようと動き出す。しかしキム・ジュンはだけが評価されるべきでないと頑なに拒む。そこで、チェ・ウはキム・ジュン以外の者も評価し…。

引用元はこちら

第31話:離婚離婚

離婚を切り出すソンイにチェ・ウは激しい怒りを表す。一方、教定都監の仕事を任されたキム・ジュンは、チェ・ウに焼失した大蔵経の再制作を提案する。しかし、民の負担増大に反対意見も噴出するして…。

引用元はこちら

第32話:主君の女主君の女

気苦労から病状を悪化させたチェ・ウは、キム・ヤクソンを叱咤して、キム・ジュンの力を借りろと言い放つ。一方、守其は大蔵経の再制作に同意。そんな中、アンシムがチェ・ウの妾として都房に姿を現した。

引用元はこちら

第33話:後継者の行方後継者の行方

キム・ジュンの提案する作戦に、キム・ヤクソンは民の苦痛が大きいと反論。しかし、キム・ジュンは生き残れるという信念が大事だと語り、結成された三別抄に蒙古軍を奇襲させる。キム・ヤクソンは酒に溺れ…。

引用元はこちら

第34話:苦悩苦悩

チェ・ウは、都房をキム・ジュンに任せてはどうかと漏らす。そんな中、アンシムの家族が蒙古軍に殺害されたという情報が入る。キム・ヤクソンの部下たちは、キム・ジュンを排除しようとするが、ソンイの耳に入り…。

引用元はこちら

第35話:迫る危機迫る危機

チェ・ヤンベクやソンイの制止も聞かず、キム・ジュンはアンシムとの関係をチェ・ウに話そうとする。そんな中、キム・ヤクソンは、部下たちがくわだてるキム・ジュンの暗殺計画を知り、その卑怯な方法を戒める。

引用元はこちら

第36話:作られた反乱作られた反乱

パク承宣は、キム・ジュン暗殺をくわだてる一味を反逆者に仕立てようと、ソンイに持ち掛ける。そしてチュ・ヨンジを利用し、近いうちに謀反が起きるとチェ・ウに吹き込む。一方、ソンイの娘・太子妃が男児を産み…。

引用元はこちら

第37話:内幕内幕

太子夫妻やキム・ミがキム・ヤクソンを助けようとする中、イ・ジャンヨンらはこの機会に都房を廃止すべきだと高宗に提案。また、パク承宣はチュ・ヨンジを使って、チェ・ウの王位就任計画をくわだてる。

引用元はこちら

第38話:最後の酒最後の酒

チェ・ウはキム・ジュンに、ソンイが離婚したら一緒になる気があるかと問い掛ける。その頃、チェ・ウの贈った酒をソンイがキム・ヤクソンに注いでいた。一方、キム・ジュンは、パク承宣の調査を進めるのだが…。

引用元はこちら

第39話:崩壊の音崩壊の音

捕らえられたチュ・ヨンジは、チェ・ウ擁立計画とキム・ヤクソンの謀反捏造について自供する。一方のパク承宣は、この計画はキム・ジュンとアンシムを助けるために仕組んだと言い放つ。チェ・ウは衝撃を受け…。

引用元はこちら

第40話:残酷な結末残酷な結末

キム・ジュンが自害しようとするところにチェ・ヤンベクがやってくる。そして彼とアンシムを連れ出す。そんな中、チェ・ウは家族たちを連れて奉恩寺を訪れ、ソンイの最期が近いことをほのめかす。

引用元はこちら

第41話:嘆きの雨嘆きの雨

ソンイは、キム・ジュンの腕の中で息を引き取った。そして大雨の降りしきる中、チェ・ウに結果を報告。また、死去したイ・ギュボに代わってチェ・ジャが率いる朝廷では、都房の後継者の議論が行われていた。

引用元はこちら

第42話:新たな出逢い新たな出逢い

官吏の暴挙に反抗して捕らえられていたイム・ヨンはを解放してくれたキム・ジュンを慕い始め、行動を共にするように。その頃、チェ・ウは、テ・ジプソンやオ・スンジョク、若い武臣などを粛清し…。

引用元はこちら

第43話:ならず者の帰京ならず者の帰京

萬全はキム・ジュンに、都に連れて行ってくれと依頼。そこでキム・ジュンは、今のその切実な思いを忘れるなと言い、萬全を主君と敬った。そんな中、母の死に衝撃を受けた太子妃もまた、亡くなってしまう。

引用元はこちら

第44話:未来を託して未来を託して

チェ・ウは萬全にチェ・ハンという名を与え、キム・ジュンに師事するように言い、家臣一同にもチェ・ハンに忠誠を誓わせる。またキム・ジュンは、都房を廃止して王政復古をたくらむチュ・スクに抑制を牽制した。

引用元はこちら

第45話:暗黒の時代暗黒の時代

強い高麗を作り、蒙古への徹底抗戦を宣言したチェ・ハンが、都房の長の座に就いた。しかしチェ・ハンは、わずか2日で喪服を脱ぎ、さらにはチェ・ウの愛妾たちと戯れて、テ氏は怒らせてしまう。

引用元はこちら

第46話:血の嵐血の嵐

キム・ミがキム・ギョンソンに手紙を送っていたことが露呈。手紙の引き渡しを拒むキム・ジュンにチェ・ヤンベクは主君をだますのかと諭す。一方、チェ・ハンは、テ・ジプソンを追放し、オ・スンジョクの殺害させる。

引用元はこちら

第47話:無力無力

事実を打ち明け、チェ・ハンに許しを請うキム・ギョンソン。人望の厚いキム・ギョンソンを危険視するチェ・ハンは、彼を島流しにした末、殺害を果たす。チェ・ハンの暴走は誰にも止められなくなっていた。

引用元はこちら

第48話:悲しき英雄悲しき英雄

キム・ジュンとチェ・ヤンベクの撃毬対決は、チェ・ヤンベクが勝利する。わざと隙を見せたと言ってチェ・ヤンベクはキム・ジュンに迫るが、彼は、それよりも蒙古との対決の方が重要だと話すのだった。

引用元はこちら

第49話:最後の諫言最後の諫言

テ氏は、このまま事態を見ているつもりかとキム・ジュンに迫る。キム・ジュンは人を払いのけてチェ・ハンと対面し、激しい怒りをぶつける。劣等感を克服しろというキム・ジュンの言葉をチェ・ハンは受け止めるが…。

引用元はこちら

第50話:窮地の中で窮地の中で

蒙古の大軍が再び侵攻を開始し、春州城などが次々と陥落。そして江華島の対岸に集結した。チェ・ハンは自身に非難を繰り返すチョン・アンを殺害。一方、キム・ユヌは奴婢たちを解放し、徹底抗戦を呼び掛ける。

引用元はこちら

第51話:疑惑の病疑惑の病

江都では民への食糧輸送路が絶たれ、最悪の状態に陥っていた。またキム・ジュンはチェ・ハン排除に動き出したことをパク・ソンビらに伝える。そこでパク・ソンビは、都房の後継をキム・ジュンに任せた。

引用元はこちら

第52話:風雲急を告げる風雲急を告げる

チェ・ハンの急病の理由を問い詰めるチェ・ヤンベクに対し、キム・ジュンは盲目的な忠誠心を責める。そんな中、再び蒙古軍が高麗を攻撃。一方、病状が極度に悪化したチェ・ハンは、ついに死亡する。

引用元はこちら

第53話:決戦の時決戦の時

キム・ジュンはついに挙兵する。チェ・ヤンベクはチェ・ウィの私邸を厳重に警備するが、革命軍の攻撃で劣勢に陥ってしまう。そしてキム・ジュンとの対決の末、チェ・ヤンベクは敗北を喫してしまう。

引用元はこちら

第54話:孤独な戦い孤独な戦い

キム・ジュンは蒙古への徹底抗戦の続行を主張し、それに動揺する文臣たちを激しく追及する。一方、蒙古の新皇帝となるクビライに対面した太子は、撤兵の約束に成功して高麗に帰り、24代王の座に就く。

引用元はこちら

第55話:蒙古の注文蒙古の注文

キム・ジュンが最高権力者の座に就き、盛大な祝宴が展開される。また、キム・ジュンは、元宗の蒙古訪問に反対を唱えるが、平和的解決のためと言う元宗の申し出に、気が進まないながらも入朝を認める。

引用元はこちら

第56話:<最終話>高麗に栄光あれ<最終話>高麗に栄光あれ

蒙古の使者が訪れ、高麗に対して凄まじい要求を投げ掛けた。イム・ヨンは弱小国の悲哀だと言い、キム・ジュンは深く落ち込んでしまう。そんな中、家臣一同がチェ・ウの命日に集まり、酒を酌み交わしていた。

引用元はこちら

  武神のキャスト

役名 俳優名
キム・ジュン キム・ジュヒョク
チェ・ソンイ キム・ギュリ
チェ・ウ チョン・ボソク
チェ・ヤンベク パク・サンミン
ウォラ ホン・アルム
チェ・チュンホン チュ・ヒョン
チェ・ヒャン チョン・ソンモ
コジョン イ・スンヒョ
キム・ヤクソン イ・ジュヒョン
パク・ソンビ キム・ヨンピル
キム・ギョンソン キム・チョルギ
ソン・ギリュ チョン・ホビン
マンジョン ペク・トビン
スギ オ・ヨンス
チョン氏 キム・ソラ
テ氏 キム・ユミ
チュ・スク チョン・ソニル
イム・ヨン アン・ジェモ
イ・ゴンジュ パク・サンウク
スボプ カン・シニル
イ・ギュボ チョン・ホジン
チュンシム キム・ハウン
キム・ドンミョン アン・ビョンギョン
イ・ジャンヨン イ・ソクチュン
サルタク イ・ドンシン
マンジョン キム・ヒョク
キム・ユヌ パク・ヘス
チョン・アン イ・ギョンヨン
カビ チン・ソンギュ
テ・ジプソン ノ・ヨングク
チェ・チュンミョン イム・ジョンユン
ホン・ボグォン イ・ウォンジェ

  武神の主題歌・OST

Disc1
01. 刃雨 – キュヒョン(Super Junior)
02. 時空天愛 – J-Min
03. 別れの道 – パク・ワンギュ
04. 空 – TRAX
05. 剣が泣いている
06. 雲に遮られた泰山
07. 暴風前夜
08. ソンイの一言
09. 撃毬
10. わずかな愛
11. 血戦
12. ウォラの記憶
13. 剣の涙
14. 魂
15. 連合政府
16. 急な風
17. 月の光
18. 戦士の誓い
19. 風の中の叫び声
20. 計略
21. 廃虚
error: コンテンツを保護しています。