青い鳥の輪舞〈ロンド〉の動画を1話から最終回まで無料で視聴する方法

この記事を読めば、「青い鳥の輪舞〈ロンド〉」の日本語字幕版を無料で視聴する方法が30秒でわかります。加えて、キャストやOSTの情報も紹介しているので、本作品をより楽しみたい人は是非最後までチェックしてみてください。

青い鳥の輪舞〈ロンド〉

青い鳥の輪舞〈ロンド〉は、U-NEXT で配信されいて、初回無料お試しを利用すれば、1話から最終話まで無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /

「青い鳥の輪舞〈ロンド〉」を今すぐ無料で見る
2020/11/14現在の情報です。現在は配信していない可能性もあるため、最新情報は各VODの公式サイトでチェックしてください。

青い鳥の輪舞〈ロンド〉は全話無料で視聴可能か?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初めての利用であれば、無料お試しができます。

このお試し期間を上手に利用し、期限内に全話視聴すれば、実質無料で青い鳥の輪舞〈ロンド〉を視聴可能。

ただし、VODによって配信状況やトライアル期間が違うので、利用を始める前に調べてから契約しましょう!

\ いっきに読み飛ばし /

VODの配信状況と無料お試し情報

青い鳥の輪舞〈ロンド〉は日本語字幕・吹き替えで視聴可能?

字幕
吹替 ×
U-NEXTの配信状況

大半の韓流ドラマは、日本語字幕版のみ配信されていて、吹替版は少しか配信されていません。吹替版で見たい人は、DVD版に入っていないかチェックしてみてください。

青い鳥の輪舞〈ロンド〉のU-NEXT での字幕&吹き替え情報は上のようになっています。

青い鳥の輪舞〈ロンド〉をYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

青い鳥の輪舞〈ロンド〉だけでなく、いろんな韓流ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraに違法アップロードされている場合があります。

違法アップロードされた作品を視聴するのも犯罪で、ウィルスにかかる可能性もあるので絶対おすすめしません。

画質が悪いことも多く、各話をいちいち探さないといけなく面倒なため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどのVODでの視聴をおすすめしています。

  青い鳥の輪舞〈ロンド〉を配信しているVOD一覧

国内で有名なVODでの青い鳥の輪舞〈ロンド〉の配信状況がこちら。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD
Hulu ×
dTV

動画配信サービスによって、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、それぞれ詳しく紹介していいます。

U-NEXT

月額料金 2,189円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”5″]

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

31日間無料お試しを体験

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 [star rate=”4″]

配信作品を確認

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

2週間無料お試しを体験

Hulu

Huluバナー
月額料金 1,026円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”2″]


配信作品を確認
Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

2週間無料お試しを体験

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 [star rate=”3″]
dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

31日間無料お試しを体験

  青い鳥の輪舞〈ロンド〉のあらすじ

誠実でやる気にあふれた青年ジワンは、就職活動の真っ最中。亡き父に代わって家族を支えるため奮起するが、一流大学卒ではないことがネックとなり、一向に就職先が決まらない。ある日、大手企業ベストグローバルの面接を受けに行ったジワンは、会長テスが父と友人だったという縁で採用され、悩んだ末に入社を決意。子供の頃からの友達で、ベストグローバルの後継者でもあるヒョンドとともに社会人生活をスタートさせる。それまで遊び暮らしていたヒョンドは、ジワンの妹ウンスと恋に落ちる。一方、ウンスの親友ヨンジュはジワンに想いを寄せるが、ジワンは上司のミジンに惹かれていく。そんな中、ジワンはウンスの出生の秘密と共に、テスが隠し続けてきた20数年前の秘密を知ってしまい…。

引用元はこちら

第1話:

就職活動に苦戦中のジワンは、友人ヒョンドの嘘が原因で23社目の面接試験に遅刻してしまう。なんとか頼み込んで無事面接を受けるが、無名大学出身のために良い手応えをつかめない。

引用元はこちら

第2話:

ヒョンドは母から説得され、しぶしぶベストグローバルに入社することを決意。面接試験をジワンと一緒に受けることになりはこの会社の御曹司だとジワンに暴露する。

引用元はこちら

第3話:

ジワンがベストグローバルの採用面接を受けたことを知ったジニは、ジワンを合格させてもらおうと一人でテスの元へ。一方、ヒョンドは恋人に別れを告げられたウンスを目撃し、二股の証拠を押さえたとジワンに連絡する。

引用元はこちら

第4話:

テスと会った帰り道に追加合格の知らせを受けたジワンは、複雑な心境で街をさまよう。帰宅後、就職の口添えのためにテスに会いに行ったジニを責め、コネ入社はしないと言い放つジワン。

引用元はこちら

第5話:

ヨンジュの父ジェチョルは早期退職を決め、晴れ晴れとしで家族に報告をしようとするが、その場へ現れたヨンジュが一足先の退職を報告し、ジェチョルは機会を逃してしまう。

引用元はこちら

第6話:

ヨンジュの退職を受け入れられない母ミンジャは一人で校長の元を訪れ、娘はしばらく休職するだけだと頭を下げる。ウンスはジワンの就職祝いを買いに行くが、お金が足りず、その場にいたヒョンドにお金を借りるはめに…。

引用元はこちら

第7話:

会長の息子として好き勝手にふるまうヒョンドは、新入社員研修を担当する上司のミジンから目を付けられる。ジワンは同期社員にコネ入社という色眼鏡で見られ、学閥のせいで孤立してしまう。

引用元はこちら

第8話:

研修で実力を発揮するジワンだったが、会長の息子であるヒョンドを言い負かしたことでチーム長から叱られる。家出をしていたスギョンは夫婦同伴の食事会に万全の準備をして現れ、テスの首をつなぐが…。

引用元はこちら

第9話:

ヒョンドはジワンと同じ部署を希望し、マーケティングチームで働くことに。ジニは奉仕活動で近所にやってきたスギョンに会い、ジワンがベストグローバルに就職したことを話してしまう。

引用元はこちら

第10話:

本社の閑職に左遷されたジェチョルだったが、ミンジャは昇進と勘違いして大喜びし、ごちそうを作る。ヨンジュはテレビ局の企画チームで働くことが決まり、お祝いをしようとウンスとジワンを誘うが、そこへヒョンドまでやってきて…。

引用元はこちら

第11話:

テスを呼び出し、縁を切りたいと告げたソニ。テスはソニがなに会いに来たのか不思議に思う。そんな中、ヒョンドのせいでチラシに重大な印刷ミスが発生。

引用元はこちら

第12話:

印刷ミスの責任をジワンに負わせることで事態を収拾しようとするチーム長に反発したミジンは、テスに直訴する。そんな中、ヒョンドはバンドのメンバーが見知らぬ男から金を受け取る姿を目撃。

引用元はこちら

第13話:

ヨンジュはカフェにいるジワンを見かけ、ヒョンドのことで落ち込む彼を励ます。テスはソニを呼び出し、ジワンが会社で苦労しないよう計らうと告げる。断るソニだが、ジワンのためにも譲歩すべきではと言われ、言い返せない。

引用元はこちら

第14話:

ヒョンドはテスの業務日誌からヒントを見つけ、ある名案を思いつく。一方、ヨンジュはドラマ局のプロデューサーから呼び出され、ヨンジュの書いた辛口レビューのせいで番組がボツになったと責められる。

引用元はこちら

第15話:

ヨンジュはカフェでジワンを待ち伏せし、その姿を眺めるだけで胸がいっぱいになる。一方、ジニに会ったテスは、ソニがウンスの名字を変えたがらないことを聞いて不審に思う。

引用元はこちら

第16話:

テスは偶然を装ってウンスのアルバイト先を訪れ、誕生日を聞き出す。そんな中、ヘンスクがジニの家に転がり込んだ理由が、家賃をバッグ代に注ぎ込んだためだと知ったジニは激怒し、一家は大騒ぎになってしまう。

引用元はこちら

第17話:

ジワンの家族全員をドライブに連れていくと約束したヒョンドだったが、自慢のスポーツカーは駐車場から消えていた。代わりに食事に招待するが、今度はクレジットカードが止められていて…。

引用元はこちら

第18話:

テスはソニに過去の写真を突き付け、ウンスがソニの娘であるはずがないと詰め寄る。ソニは、ウンスはサンジュンの子どもだと断言するが、不安に駆られて仕事中にミスを連発してしまう。

引用元はこちら

第19話:

やけどをしたミジンを気遣い、仕事を手伝うジワン。その頃、脚本のインスピレーションが欲しくなったヨンジュはジワンに電話をするが…。

引用元はこちら

第20話:

テフ産業時代に取引銀行の担当者だったジェチョルと偶然出くわしたテスは、サンジュンの口座名義に変えた日のことを思い出す。

引用元はこちら

第21話:

家に帰って来ないソニを捜し出したジワンは涙を流し、血が繋がっていなくてもウンスの妹だと話す。そして、ウンスに対しても以前のように接し始める。

引用元はこちら

第22話:

父の遺品としてテフ産業の帳簿を取っておいたジワン。それを見たソニは、イ本部長が夫の財産について話したことを思い出す。そんな中、ジニはウンスとヘンスクを連れてスギョンの家を訪ねる。

引用元はこちら

第23話:

ヨンファンからの誘いを受け、レストランの店長を引き受けることにしたソニ。一方、会計帳簿の原本を探していたテスは、昔の書類は捨てたというジニの言葉を聞いて密かに胸をなでおろす。

引用元はこちら

第24話:

ジワンのデスクで会計帳簿の原本を発見したテスは驚愕。何食わぬ顔でジワンの質問に答えつつ、帳簿の内容を改ざんしようと企む。

引用元はこちら

第25話:

ヨンジュの夢を応援するため、定年まで粘ろうと融資先探しに精を出すジェチョル。テスが大企業の会長になったことを突き止め、営業に向かうが…。

引用元はこちら

第26話:

スギョンからクレジットカードと車を取り戻すため、やむなく見合いに応じたヒョンドはある作戦を思いつき、偶然出くわしたヨンジュに協力を頼む。

引用元はこちら

第27話:

デザインコンペで優勝したウンスは、ジワンと共に出社。ヒョンドはテスに表彰されるウンスを満足げに見守る。さらに、買い物に出かけたソニとウンスを車で迎えに行き、これまでの汚名を返上したヒョンド。

引用元はこちら

第28話:

ソニの店で働き始めたミンジャは、涙ながらに苦しい家計を打ち明ける。一方、残業手当欲しさに仕事を引き受けたヒョンド。同じ夜、残業していたウンスは社内でヒョンドと会い、当選はヒョンドのおかげだと礼を言う。

引用元はこちら

第29話:

ヒョンドは社内恋愛をオープンにしようとするが、ウンスは絶対に知られてはいけないと言い張る。いち早く2人の交際に気づいたミジンは、弱みにつけ込んでヒョンドをこき使う。

引用元はこちら

第30話:

ヒョンドがウンスをもてあそんでいると誤解したジワン。ヒョンドはウンスと本気で付き合っていることを話すが、ジワンは聞く耳を持たず、2人は殴り合いの喧嘩になる。

引用元はこちら

第31話:

ジョンエを捜し始めたソニは、かつて2人が一緒に育った養護施設を訪問。ジワンはミジンを食事に誘うが、残業することになったと知らされてがっかりする。

引用元はこちら

第32話:

スギョンはヒョンドの恋人がジワンではなく妹のウンスだと知ると、ただの遊びと決めつけて息子をなじる。その頃、カムジャタン屋で同級生に侮辱されながら働くミンジャの姿を目撃したジェチョル。

引用元はこちら

第33話:

会社で厳しい指導にもめげず仕事に邁進するウンスと、そんな彼女を気遣うヒョンド。彼らが一緒にいるのを見たジニとヘンスクは、お似合いの2人だと騒ぐが、ソニはむきになって反対する。

引用元はこちら

第34話:

ヨンファンは投資者の立場でベストグローバルのプロジェクト会議に出席し、立派に育ったジワンを見て頼もしく感じる。その頃、ジョンエがウンスの前に現れる。

引用元はこちら

第35話:

自分のせいでウンスがコネでコンペに優勝したという噂が立ってしまい、ひとり悩むヒョンド。一方、恋人ができたおかげでヒョンドが成長したと感じるテスは嬉しく思う。

引用元はこちら

第36話:

好きな人がいるならしくぶつかっていけとジワンに言われ、ひょっとしたら脈ありかもしれないと期待をもったヨンジュ。彼女はミジンの大邱出張にジワンとウンスが同行することを知るとも密かに大邱へ向かう。

引用元はこちら

第37話:

ヨンジュはジワンがミジンに告白する場面を目撃してしまい、ひとり泣きながらソウルへ戻る。一方、ウンスとヒョンドは仲良く2人で帰途につくが、思いがけずソニと出くわして引き離される。

引用元はこちら

第38話:

ヒョンドとウンスはそれぞれソニに交際を許してほしいと懇願。しかし、ソニは聞く耳を持たず、ウンスに会社を辞めるように告げる。そんな中、ソニはジワンを呼び出し、ウンスの父親はテスだと教える。

引用元はこちら

第39話:

ジワンは真の理由を隠してヒョンドにウンスと別れろと告げるが、ヒョンドは納得しない。思い悩むジワンはミジンからのデートの誘いも断ってしまい、彼女を怒らせてしまう。

引用元はこちら

第40話:

どんなに反対されてもウンスをあきらめきれないヒョンド。彼はこっそりウンスに会いに行くが、それを見たソニがウンスを平手打ちする。

引用元はこちら

第41話:

ヨンファンは何かと理由をつけてテスに会社の資料を要求し、彼の悪事の証拠がないか調査を続けていた。そんな中、ジワンは亡き父サンジュンのパスポートを見たのをきっかけに、ウンスの父親がテスではないことに気づく。

引用元はこちら

第42話:

ウンスの父親がテスではないと知ったソニは、ジョンエを捜し出して問い詰める。だが、ジョンエは開き直るだけだった。その後、ソニは帰ってきたウンスにこれまでのことを謝り、ヒョンドとの交際を認める。

引用元はこちら

第43話:

ジェチョルのノートを確認したジョンエは、テスが200億ウォンにも及ぶサンジュンの全財産を奪った事実に気づく。一方、ジワンを疑い始めたことを察したテスは、保身のために計略をめぐらすのだった。

引用元はこちら

第44話:

ジョンエからテフ産業に関する銀行の内部資料を入手してほしいと取引を持ちかけられたジェチョル。違法行為はできないと断った彼は、この事をテスに知らせようとするが、門前払いされてしまう。

引用元はこちら

第45話:

ジワンとジェチョルが家族ぐるみの付き合いだと知ったテスは、ジェチョルに会いに行く。そして、ジョンエの悪事に気づいたことを知り、すぐに彼女と連絡を取る。

引用元はこちら

第46話:

父ジェチョルが左遷されても家族のために会社を辞められずにいると知って、自己嫌悪に陥ったヨンジュ。母親が遊んで暮らしていると思い込んでいる彼女は、家に帰ってミンジャを責める。

引用元はこちら

第47話:

社内で人事委員会の会議が開かれ、ジワンに懲戒解雇が言い渡される。一方、ベストグローバルの株主総会に出席したヨンファンは、設計図の漏えい事件についてテスに問いただす。

引用元はこちら

第48話:

何があってもウンスは大事な孫娘だと思い直したジニは、ソニと和解。その頃、テスはジワンとミジンをシカゴ支社に赴任させることで、厄介払いしようと計画していた。

引用元はこちら

第49話:

ジワンはジョンエと会っていたせいでデートに大遅刻するが、待っていたミジンから一緒にシカゴ支社に行こうと誘われる。その頃、ヨンジュは共同脚本という形で脚本家デビューが決まる。

引用元はこちら

第50話:

ミンジャは家で偶然見ていたドラマがたち家族を描いたヨンジュの作品だと気づいて大喜び。だが、ヨンジュは脚本家を辞めると言い出す。その頃、テスは養護施設にジョンエの娘ウナがいることを突き止める。

引用元はこちら

第51話:

ジワンはレストランでミジンにカップルリングをプレゼンする。しかしその頃、ジョンエが娘のウナを連れてジワンの家に押し掛けて騒動を起こし、電話でこれを聞いたジワンはミジンを置いて店を飛び出した。

引用元はこちら

第52話:

ヒョンドと同じく居候の身となったウナにとウンスの仲はジニには内緒だと言い含める。一方、ウナを置いて姿を消したジョンエに憤るヘンスクは、彼女のことをウナから聞き出そうとするが…。

引用元はこちら

第53話:

テスの裏の顔を知ったジワンは、シカゴには行けないとミジンに伝える。一方、テスはジワンを呼び出し、ヨンファンを悪者にしへの疑いを晴らそうとするが、ジワンは信じず、シカゴ赴任の話をきっぱりと断った。

引用元はこちら

第54話:

テスはジワンに、これ以上追及するとウンスとヒョンドが別れることになるとほのめかし、ヒョンドをジワンたちから引き離すために倉庫管理の職に異動させる。一方ソニは、テスがジニまでもだましたと知って激怒する。

引用元はこちら

第55話:

銀行を退職したジェチョルは、ミンジャとヨンジュと一緒に第2の人生の出発を祝う。その頃、テスが女性に平手打ちされたといううわさを聞いたスギョンは会社に押し掛け、夫に恥をかかせた女性の正体を探り始める。

引用元はこちら

第56話:

ジワンは、ジェチョルがテフ産業との取引を記録した手帳を持っていることを知るが、テスが先回りして手帳を手に入れた。一方、テスの悪行を知ったヒョンドは、詰問しても反省の色を見せない父親の態度に失望する。

引用元はこちら

第57話:

テスが銀行に残っている当時の書類する裏工作を行うと考えたジワン。その証拠を押さえて彼を追い詰めるつもりだったが失敗し、逆にテスから解雇を通告されただけでなく、名誉棄損で訴えると宣言される。

引用元はこちら

第58話:

ジワンは、手帳の記録から、テスが借名口座の全額を引き出した日は父・サンジュンの亡くなった日だったと知る。彼はテスの元を訪れ、父の死に責任があるのではないかと問い詰めるが、否定されてしまう。

引用元はこちら

第59話:

ジワンはベストグローバルの株主総会に乗り込み、テフ産業の資産を奪ったテスを追及する。そんな中、ジニはスギョンにテスの悪事をぶちまけ、ウンスとヒョンドを別れさせようとするが、ジワンはヒョンドをかばう。

引用元はこちら

第60話:

ジェチョルの商事会社が開業し、ジワンと家族もお祝いに駆け付けるが、テスの差し金でジワンは逮捕されて警察に連行されてしまう。さらにテスは、ジワンに協力するのをやめなければ会社を潰すとジェチョルを脅す。

引用元はこちら

第61話:

テスはストレスで倒れて入院し、ヒョンドは父親を裏切ったとスギョンに非難される。一方、テスを告訴する準備を進めていたジワンは、ジェチョルがテスに脅迫された肉声を録音したファイルが消えていることに気付く。

引用元はこちら

第62話:

ウンスはヒョンドの気持ちを理解し、別れを受け入れる。家族を守る決意を胸に両親の家に戻ったヒョンドは、テスに録音ファイルしたと報告。一方、重大な証拠を失ったジワンは新たな行動を起こす。

引用元はこちら

第63話:

ジワンは、テスの横領を明かす記者会見でジョンエに証言してもらう準備を進めたが、テスの策略によりヨンファンが逮捕され、記者会見は台無しに。さらにテスはジョンエに、次に証人を頼まれたら偽証しろと脅す。

引用元はこちら

第64話:

ジョンエの誕生日にウンスは、プレゼントとして一緒にネイルサロンに行き、協力のお礼を言う。ソニへの復讐を企てるテスは、ジョンエにウンスを連れてくるように指示。そして偶然を装ってウンスに声を掛ける。

引用元はこちら

第65話:

出生の秘密を知ったウンスが帰宅しない。テスはジョンエに責められるが、全てはお前の責任だと居直る。その頃、テスが大統領企業家賞の有力候補に選ばれ、それに憤慨したジワンはついにテスを告訴した。

引用元はこちら

第66話:

ジョンエがウンスをわざとテスに会わせたことがソニにばれそうになるが、ウンスはジョンエをかばって偶然会ったと口裏を合わせる。一方スギョンはテスに電話をかけ、今からウンスの家に行くと言うので彼は狼狽し…。

引用元はこちら

第67話:

ウナの父親を捜し出したテスはの言う通りに証言しなければウナを父親に引き渡すとジョンエを脅した。一方ウンスは、ヒョンドがテスに協力してジョンエを脅迫したと知り、ショックを受ける。

引用元はこちら

第68話:

ジワンの働きでジェチョルの会社が扱う果物が日本に輸出できることになった。ジワンと一緒にいたいヨンジュはジェチョルの手伝いに精を出し、ミンジャはそんな娘の恋を応援する。一方テスは企業家賞を受賞するが…。

引用元はこちら

第69話:

ジワンはジェチョルの会社に行き、迷惑を掛けたことを詫びるが、ヒョンドはさらに卑怯な手を使ってジワンを追い詰める。そんな息子の豹変ぶりを見たテスは心配を隠せない。そんな中、ヒョンドが泥酔して倒れ…。

引用元はこちら

第70話:

テフ産業時代の顧問弁護士から話を聞いたジワンは、生前のサンジュンがテスに全財産を譲り、テフ産業の経営を任せようと考えていたことを知る。ジワンはショックを受けながらも、ありのままをテスに伝えるが…。

引用元はこちら

第71話:

考え直したジワンは、テスの横領に関する資料を記者ではなくヒョンドに渡す。一方テスは、スギョンから届いた離婚届に判を押して彼女に返す。そして経済人協会の次期会長を受諾する記者会見で、テスは罪を告白した。

引用元はこちら

第72話:

テスは奪った財産を返すためベストグローバルの株をジワンに譲渡しようとするが、サンジュンがテスに譲るつもりだった会社だからと言い、ジワンもソニもこれを固辞。やがてテスは全財産を社会に還元すると表明した。

引用元はこちら

  青い鳥の輪舞〈ロンド〉のキャスト

役名 俳優名
キム・ジワン イ・ジュニョク
チャン・ヒョンド イ・サンヨプ
ハン・ウンス チェ・スビン
カン・ヨンジュ キョン・スジン
チャン・テス チョン・ホジン
チョン・スギョン イ・ヘスク
カン・ジェチョル チョン・ウォンジュン
オ・ミンジャ ソン・オクスク
ハン・ソニ チェ・ミョンギル
キム・サンジュン キム・ジョンハク
イ・ジニ チョン・ジェスン
イ・ジョンエ キム・ヘソン
シン・ヨンファン ナム・ギョンウプ
ソ・ミジン オム・ヒョンギョン

  青い鳥の輪舞〈ロンド〉の主題歌・OST

調査中

error: コンテンツを保護しています。